ソウルメイトの見分け方

ソウルメイトの見分け方

©Luc Viatour

シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)は、ソウルメイトや大切な人との出会いを知らせるサインです。

同じ人と連続して違う場所で出会う

話していたら、共通の知人がいることがわかった

誕生日がまったく同じ、または一日違いだった

ずっと探していた本を相手が持っていた

話してみたら、母校の先輩だった

過去にまったく自分と同じ経験や体験をしている

など。

何度も繰り返し、シンクロが起きるときや、いくつものシンクロが組み合わさっているときは、その人との出会いが特に重要なものであることを教えています。

どうか、出会った人のことを、注意深く観察し、シンクロニシティを見逃さないようにしてください。

そして、シンクロに気がついたら、あなたから話しかけたり、食事に誘ったり、勇気を出して行動することをおすすめします。

そして、相手と、シンクロしていることについて話をしてみましょう。

シンクロについて話すと、相手との距離が一瞬で縮まります。

相手も、あなたとの出会いが特別なものであると気がつくからです。

私と、奥さんの出会いもシンクロニシティではじまりました。

奥さんと出会ったとき、3つもシンクロがあったことに気がつきました。

その出会いの物語を、以下にまとめましたので、よかったら読んでみてください。

あなたが、ソウルメイトのサインに気づくためのヒントになるかもしれません。

シンクロニシティは、ソウルメイトのサイン

今から10年前のお話です。

私は、関節リウマチという病気になりました。

全身の関節の骨が破壊され、手の指などがどんどん変形していく難病です。

私のリウマチは重症だったため、関節の破壊の進行も早く、 あっという間に、身体障害者の認定を受けるまでに病状が悪化してしまいました。

そんな状態だったので、仕事を続けることも難しくなり、 リストラ同然に会社を退職することになりました。

 そして、さらに追い打ちをかけるような出来事が起こります。

 7年交際していた当時の恋人が、私に突然こんな風に、打ち明けたのです。

 「好きな人ができたから別れて欲しいの その人とはもう結婚の約束もしているの だから、もうあなたとは一緒にいられないの」と・・・。

 自分の恋人が知らない間に別の男性と婚約していたという衝撃の事実を受け入れられませんでした。

 彼女に自分を捨てないで欲しいと泣きながら惨めに懇願しました。

 しかし、そのときもう彼女の心は決まっていたのです。

 そして、彼女は、私の前から去っていきました。

 「病気、失恋、リストラ」が短期間に一度に私の人生にふりかかってきました。

 このとき、私は、「自分の人生は完全に終わった」と思いました。

 そして、その後、絶望の中で何ヶ月も泣いて暮らしました。

 しかし、あるとき私の中から、とても強い思いがわき上がってきました。

 「このままでは終わりたくない。自分を変えたい」と・・・。

 そして、私は、自分を変えることを決意しました。

 どうしたら人生を変えられるのか、本を読み、セミナーに参加するようになりました。

 そして気がついたら、学んだことを人に教える、セミナー講師、心理カウンセラーの仕事をしていたのです。

 そして・・・ 今から3年前のことです。

 参加したセミナーで1人の女性と出会いました。

 家に帰って、彼女の名刺に書かれていたブログを見てみました。

 彼女のプロフィールには、こんな一文が書かれていました。

 「私の人生を大きく変え、セラピストになったきかけは、失恋と病気とリストラ。」

 驚いたことに、彼女は私とまったく同じ体験をしていたのです。

このシンクロニシティは、まるで運命の出会いを告げているかのようでした。

私は、すぐに彼女に連絡を取って、会って話したいと伝えました。

そして、デートの約束をすることができたのです。

彼女と何度か会っているうちに、私は彼女のことが好きになりました。

そして、自然なかたちで彼女と付き合うようになり、交際から1年で結婚しました・・・。

シンクロニシティ(偶然の一致)は、ソウルメイトや大切な人との出会いを知らせるサインです。

いくつものシンクロが組み合わさっているときや、 繰り返し何度もシンクロが起きるときは、その人との出会いが特に重要なものであることを教えています。

どうか、シンクロニシティを見逃さないでください。

そして、シンクロに気がついたら、すぐに行動を起こしましょう!

人生に起きる出来事に、なにひとつ偶然というものはありません。

たとえ、それが人生最悪と思うようなネガティブな出来事であってもです。

 一見してネガティブに感じる出来事の中には、

 喜びの種が埋まっています。

もし、今のあなたが10年前の私と同じような状態であったとしても大丈夫です。

それは、これからすばらしいことが起きることを教えているもう一つのサインなのです。

お読みいただきありがとうございます。

恋愛・夫婦関係の心理カウンセラー

飛田 貴生