アラン・コーエン ライフコーチ トレーニングプログラム レポート

こんばんは、飛田です。
アランのコーチングトレーニングが無事終了しました。
最終日にペーパー試験がありました。
この試験結果によって、「認定」されるかどうかが決まります。
現在、採点中だそうです。
ドキドキします…。
このプログラムを通じて、とても大きな気付きがありました。
今日は、その気付きをシェアしたいと思います。
コース中、様々なエクササイズに取り組みました。
エクササイズに取り組む前は、私の人生には、種類の違う様々な問題(お金、仕事、パートナーシップ、健康)が存在すると思っていました。
でも、エクササイズに取り組んだことで、実は、問題はたった一つだったことが分かりました。

一つの問題が、別の顔をして現れていただけで、根っこは全部同じだったのです。
「お金が足りない」
「彼女ができない」
「皮ふの症状が回復しない」
「セミナーに集客できない」
という問題だと思っていましたが、実は、
「ありののままの自分を受け入れていない、自分に価値を認めていない」
という問題でした。
たったひとつの私のビリーフシステム(観念、信念、思い込み)がすべての現実を作り出していたことが分かったのです。
「自分を愛する」というテーマでブログを書いたり、
セミナーを開いたりしているのですが、
それを一番必要としていたのは自分だったのです。
今回のトレーニングを通じて、「自分を愛する」ということが、私の人生のメインテーマであると分かりました。
自己愛の世界的権威であるアランから学び、
自分を愛するための科学的手法であるディマティーニ・メソッドのファシリテーターになったのは偶然ではなかったのです。
”原因と結果”のエクササイズ:
以下のような文章を5つ作ってみましょう。
私は○○○が”自分の人生を左右する原因”のように思っていますが、
それは本当は、”私の信念が作り出した結果”です。

例:
私は「お金が足りないという状況」が”自分の人生を左右する原因”のように思っていますが、それは本当は、”私の信念が作り出した結果”です。
私は「病気」が”自分の人生を左右する原因”のように思っていますが、
それは本当は、”私の信念が作り出した結果”です。
私は「恋人がなかなかできないという状況」が”自分の人生を左右する原因”のように思っていますが、それは本当は、”私の信念が作り出した結果”です。
今、あなたに起きている現実は、あなたのどんな信念が作り出したものでしょうか?
まずは、あなたが何を信じているのか、そのことに気付いてください。