すべての日本の友人たちへーアラン・コーエンメッセージ

こんにちは、飛田です。

アラン・コーエンからメッセージが届きました。

このメッセージを読んで、とても勇気付けられました。

私たちにとって今回の震災にどんな意味があるのかが語られています。

いつもながらアランの洞察は、本当に素晴らしいと思いました。

ぜひあなたにも読んでもらいたいです。

原文はこちらから読むことができます。

http://www.spiritfirst.com/messagetojapanjapanese.htm

携帯からも読めるようにこちらのブログにも転載します。

アランに連絡し、転載の許可を取ってくれた大井手志保さん、

最初にこのメッセージを転送してくれたSayakaさん、

そして、素晴らしい翻訳をしてくれた宇井のどかさん、

また日本の生徒たちをいつも温かくサポートしてくれるアランに深く感謝します。

 

すべての日本の友人たちへ

先日の地震と津波がもたらした壊滅的な被害状況を知り私は気絶しそうな心境でした。

そして私は、災害によって愛する人を失った方々、財産を失った方々、ビジネスで困難を抱えた方々、その他様々な困難を抱えた方々を想いました。

私は日々祈っています。アメリカや世界中の方々が既にそうであるように。

日本に一日も早くやすらぎが戻り、復興するようにと。

あなたがたが健やかで幸せであるということは私たちにとって非常に大切なことであり、私たちは日本の一日もはやい復興を心に強く思い描き続けています。

あなた方がこの挑戦に満ちたときを乗り越えていくにあたり、私はあなた方を励まし希望を与え、あなた方がスムーズにプロセスを乗り越えるサポートとなるような見方を提案させていただきたいと思います。

まず、困難というものはいつも、私たちを助けてくれるような学びと洞察をもたらしてくれるものだということを思い出してみてください。

アラビア語では「問題」という言葉は「違う角度からの見方」と訳されます。

問題は私たちが人生をより高い視点から見るための招待状のようなものです。

その問題をより広い視野でとらえ乗り越えられたとき、難易度が高ければ高いほど、あなた方がはより強くなります。

人生におけるすべてのレッスンは究極的なところ、愛の存在、私たちがすでにもっている内なる力と美しさへと私たちをいざなってくれます。

災害はある意味人々の心を一つにしました。それは、その困難がなければきっと私たちが経験することのなかったものでしょう。

困難があることで、私たちは必然的に私たちが本当に大切にするものを見直し、人生における優先順位を作り替えることになります。

アメリカでも2001年9月11日に起きたテロ攻撃によって、多くの人々が、ビジネスやお金、私たちを絶えず忙しくさせるたくさんのことよりも、家族や友人がいること、日々のささやかなことに感謝するようになりました。

人々は人生がいかに尊いものであるかということ、今この瞬間という美しさ、頭で考えるのではなく、内なる声とともにあることの大切さに気づきました。

そして同時に物質的な物事は人生の精神的な要素ほどには大切なものではないと知りました。

容易なこことにせよ困難なことにせよ、たとえそれがどんな経験であれ、あなたが真価を思い出すのを助け、本当の意味での幸福へと導いてくれるようなものであれば、経験する価値が充分にあります。不自由さは一過性のものです。

成長は一生ものです。

私は仙台に住むアメリカの女性から一通のメールを受け取りました。そして、そのメールの中にはこのようなことが書かれていました。


『仙台の人々は、「人々がお互いに助け合い生きていたあの頃のようだ」といっていました。

すべての人が協力し合っていて、もし誰かが使用できる水があることに気づいたら、彼らはすべての友人や隣人たちと分かち合っているんです。』と

そして、またこのようなことも書かれていました。

 

『震災後、仙台の夜にはしんと静まり返るような美しさが漂っていました。

街灯が消え、人々はもう長い間仙台では見たことがないほどたくさんの光り輝く星を見ることが出来ました。

おそらくあなたも、それぞれの方法で違うように夜空の星を見ることでしょう。』と。

不景気になってから一年の間、私のセミナープログラムのいくつかはキャンセルになりました。

その結果、私はいつもよりも多くの時間をパートナーや家族とともに家で過ごしました。

家族で楽しんだり、クリエイティブな執筆を楽しんだり、屋外で楽しんだり、ヨガや瞑想などの精神的な修養を楽しんだり、より多くの自由な時間という利益を受け取りました。

そして少しすると、私はここ数年感じていたよりもずっといい気分を感じていました。私の健康、幸福感、心の安らかさは遥かに良い状態なっていました。


そこで私は気づいたのです。そのキャンセルで生まれた余暇がどれほど大きなギフトだったかということを。

私は出かけたりビジネス上の様々な活動から自分自身へと向き直させてもらったのです。

そして、景気が徐々に回復し再び忙しくなってきたとき、私は自分自身や家族に対して、自分の魂に栄養を与えるような時間をかわらず取ることを約束したのです。

日本がその傷跡を癒していくまでの間、あなた方はあなた自身、そしてあなたの愛する人と、より多くの時間を過ごすことになるでしょう。

またビジネス上の活動においても今までよりペースを落とさざるを得なかったり、しばらく行き詰まりを感じるかもしれません。

しかしもしかしたら、そのことによってあなた方はあなた自身の内側と向き合ったり、あなたの存在の核にある内なる強さとつながるためのすばらしい時間を持つことになるかもしれません。

静けさの内なる聖地であなたは、あなたを心地よくさせ、あなたがつぎに踏み出すステップに向けての非常に具体的な導きを与えてくれるような神の声を聞くでしょう。


もしかしたらあなたの人生は新しい方向へと向かって進み始めるかもしれませんし、あなたの今歩いている道の中でより深いレベルへと進んでいくかもしれません。

そうであるならばこれは重要な機会となるでしょう。どうかこの機会を上手に活かしてください。


エネルギー不足のため、一部の方は計画停電を経験しているかもしれません。

私たち家族がハワイで住んでいる場所では、公共の電力は古くもろいです。

そのため時々、数分から数時間にわたる停電が起こります。

夜間に停電が起きるときは、パートナーのディーと私はキャンドルに灯をともし、お互いそして犬たちとともに静かなひとときを過ごします。

私たちはゆっくりとお茶を飲みながら私たちにとって重要なことを話します。

停電が起こるとき、私たちはテレビやビデオ、コンピューターのない夕べをすごせることを歓びます。


そして、わたしたちは、停電が起こるのを待つのではなく、私たちが自ら選んでこんなひとときを時々すごそうと話し、時々実行しています。

それは私たちにとってお気に入りのひとときでもあります。

キャンドルはとても美しいものです。

出来るときにはぜひそれを楽しみましょう。電力会社が提供してくれるより、人生にとって何か大きなものがありますから。

日本では、日本人が足るを知らず強欲だったために、天罰としてこの地震と津波が起きたと言う人がいると聞いています。

しかし、これは全く個人的な解釈にすぎません。

日本の多くの方々は罪悪感と恥の意識を奥深くに抱えているため、何か困難なことに直面すると罰として受け取りがちだと思います。

しかしその出来事自体には意味はなくあなたの捉え方にほかなりません。

困難をあなた自身を打ちのめすための言い訳として使うことも出来ますが、あなたをより高めてくれるものとして活用することも出来ます。

この経験はあなたが自分自身で考えていた限界を超えて精神的に成長させくれ、より豊かな方向へとあなたの人生を意味付け直してくれるような出来事として、あなたに気づきを与えてくれるものとなるのです。

もしあなたが心開いて他の人とともに参加したり、恥ずかしがるのではなく自分の価値を認めるように修練していけば、この出来事は罰ではなくとても有益な軌道修正となります。

あなた自身に対して、お互いに対して、どれほどこの危機的状況にうまく対応しているのかということを、賞賛しましょう。

ものごとが悪く進んでいるときでも信念を持ち続けることが出来れば、あなたが受け取るパワーはより深いところまで届くものになります。

ある詩でこんな記述があります。「恐れが扉をたたいた。信念が答えた。そこには誰も存在していなかった。」

また今、人々は放射能のことを心配していますが、この放射能という言葉をむしろ幸福感をまき散らすための気づきとして使ってみましょう。

スピリチュアルな愛の放射能が物質的な放射能を打ち消してしまうことでしょう。

あなた方は福島にある原発よりもずっとパワフルな原子炉です。

言葉よりも態度で示していきましょう。

あなたの意識をより高次なところにおき続けましょう。そうするとあなたはよりあなたの意識に同調した状況を引き寄せます。

すべての瞬間は愛または恐れどちらかの選択です。

あなたの周りにいる人々が恐れの中にいるとき、あなたの信頼や強さはそういった方々に対する何よりものギフトとなります。

暗闇の中にあるとき、あなたが与えることの出来るもっとも力強いサービスは闇を照らす光であることです。

他の人がなんと言おうと、恐れの中へと入っていかないようにしましょう。

強くいて、信頼していましょう。

恐れを手放し、意気揚々とありつづけましょう。これこそあなた方がそうするようにと生まれてきた在り方です。

もしあなたが私、または私が提供しているものに近いセミナーに参加したことがあるならば、あなたは日本がこの危機的状況を乗り切るための術をすでに
もっています。

『今こそあなたが学んだことを実践するときです。』

セミナー会場に座って話を聞いているのも一つの学びですし、真実を生きることもまたもう一つの学びです。

あなたまたはあなたのような人がこの時期の日本を生きながらえさせるのです。


この困難によって新しい日本が生まれようとしています。

日本が第二次世界大戦後どのように日本が復興し経済的に世界の人々を牽引してきたかあなたがたは知っています。

今回の挑戦によって、日本はスピリチュアルな側面においてリーダーとなっていくでしょう。


 このことを心にとめ、あなたたちは頭を高く掲げ、ハートをオープンにして、あなた方の最高の運命に向かって進んでいってください。

あなたがたはきっと成功し、あたらしい生き方が現れてくるでしょう。

私は、あなたが光の存在に代わって行っているすべてのことに感謝しています。

あなた方は世界中にいる何億という兄弟姉妹たちからの祈りによって力を与えられています。神と愛の力があなたとともにあります。

祝福とともに

アラン・コーエン

(翻訳 宇井のどか)

www.alancohen-japan.com

www.alancohen.com