病気は人生最高の贈り物でした

こんばんは、飛田です。


普段の私を知っている人には信じてもらえないかもしれませんが、


実は私は肢体不自由1級の身体障害者です。


1級はもっと重い障害で、これ以上の等級はありません。


私は、10年以上前に、リウマチという病気にかかって、


一時期は半分寝たきりの状態でした。


骨の破壊が進行して、両手の指の骨が完全に変形していますし、


首の骨(頚椎)はすべて癒合していて、首がほとんど動きません。


骨が変形するぐらいですから、痛みが激しくて、強い鎮痛剤を飲み続けていました。


おまけに、乾癬という重度の皮膚病も患っていて、強力なステロイド薬も大量に使っていました。


誤解してもらいたくないのですが、


「僕って可愛そうでしょ? 同情してください。」


と言っている訳ではないのです。


むしろその逆なのです。


私は、病気になって、本当に良かったと思っています。


リウマチと乾癬に心から感謝しています。


負け惜しみでもなんでもありませせん。


病気になったことがきっかけで、たくさん本を読み、セミナーに参加するようになりました。


そのおかげで、ドクター・ディマティーニ、アラン・コーエンという世界的なマスターから直接学ぶことができました。


これがきっけけで、ディマティーニ・メソッド(R)という世界最高峰のツールを手に入れ、人生を180度変えることができました。


人が苦手で引きこもりのニートだった私が気が付いたら、セミナーを開いて人前でスピーチするようになっていました。


友達がいないことがコンプレックスだったのに、今ではたくさんの素晴らしい友人や仲間に囲まれています。


美人で優しい彼女もできました。


友人も、彼女もセミナーがきっかけで出会うことができました。

両親と絶縁状態で、長い間悩みの種だったのですが、それも解消できました。


自分に自信が無くて、いつも人目を気にしてばかりいたのですが、それも解消することが出来ました。


アランとディマティーニのおかげで病気もすごく良くなりました。


気が付いたら、ほとんどの悩み、問題が解消していたのです。


今私が大切に思っているもののほとんどは、病気のおかげで得られていたのです。


私はリウマチで障害者になったとき、自分の人生をあきらめました。


なんで自分だけこんな目に合うのだろうと思いました。


病気になったことは、人生最悪の出来事だと思いました。


でも…


実は病気は私の人生で最高の贈り物だったのです。


病気にならなかったら、アランやディマティーニに出会うことはなかったでしょう。


引きこもりでニートの状態がずっと続いていたかもしれません。


友達がほとんどいない寂しい人生のままだったでしょう。


今の彼女にも決して出会うことはなかったでしょう。


そして、いまだに両親を憎み続けていたと思います。


考えただけでぞっとします。


でも、私も最初から病気に感謝できていたわけではありません。


最近まで、自分は病気で可愛そうだと思っていましたし、自分は被害者だと思っていました。


しかし、ディマティーニ・メソッド(R)に取り組んだことによって、その認識をが180度変わってしまったのです!


これを読んでくださっている方の中には、今まさに、病気でつらい思いをしている最中の方もいるかもしれません。


もしそうなら、病気が人生最高の贈り物だなんて、そんなバカな!と思うことでしょう。

普通に考えたら、当然ですよね。


しかし、ディマティーニ・メソッド(R)のワークを完了させることで、


病気が人生最高の贈り物であったということを自分の体験として知ることができます。


5月28日(土)に、この方法を実践するシークレットセミナーを開きます。


ディマティーニ・メソッド(R)の世界NO.1トレーナー、ドクター・デニース・ナドラー直伝の病気に感謝する特別な方法を行うセミナーです。


このセミナーに参加することで…


□ 病気が贈り物であったことが分かります。


□ 病気による精神的苦痛から解放され、気持ちが楽になります。


□ 病気があなたにどんなメッセージを送ってくれているのかが分かります。

現在に日本には、40人のディマティーニ・メソッドファシリテーターがいますが、


病気に感謝する手法に精通しているのは、ドクター・デニースから直接指導を受けた私だけです。


今回のセミナーは、リピーターの方からリクエストがあって、開催することになりました。


会場の都合で、定員は5名となります。


そういう事情もありますので、リピーターの方を優先してご案内しています。


なお、このテーマでの今後の開催の予定は今のところありません。


セミナーの参加費ですが、21,000円です。


さらに、5月21日までにお申込みの方は、早割価格として15,750円でご参加いただけます。


*5月21日までに満席になってしまった場合はご容赦下さい。


さらに、6月からセミナーの価格を正式に値上げすることになりました。


●6月からの価格

通常価格:49,000円
早割価格:38,000円
リピーター価格:19,000円


早割価格15,750円でご提供できるのは、今回で本当に最後です。


ご参加をご希望の方は、お早めにお申込みください。


あなたの病気に感謝する―グループ向けディマティーニ・メソッド(TM)詳細

日時:5月28日(土)10時~(開場9時45分)
*終了時間は17時頃です。皆さん一人一人のワークの進み具合によって異なります。


会場:大倉山記念館 第8集会室
アクセス:東急東横線「大倉山駅」より徒歩約7分

地図:http://o-kurayama.jp/resume/index.html 

定員:5名

参加費:

通常価格:21,000円
早割価格:15,750円(5月21日までのお申込み)
リピーター価格:10,500円


ご参加いただける方:
病気、症状のある方、障害のある方、過去にあった方


*ディマティーニ・メソッドは医師により診断されたいかなる疾患にも必要かつ適切である治療を代替するものではなく、また処方された薬やセラピー、適切な法的アドバイス望ましくかつ必要なカウンセリングの代わりになるものではありません。


お申込みはこちら

《体験談》
ディマティー・ニメソッドは素晴らしいですね。
飛田さんさんのセッションを受ける前は、病気を祝福して感謝なんてありえない、と思っていました。

それが、セッションを受けていると、持病がいかに私を守ってくれ、大切にしてくれたかに気がつきました。
幼い頃からの持病で、治りたい健康になりたいといつも思っていました。
今は持病に対してこれからもヨロシクね、と気が楽になりました。

痒みのため眠りが浅くなっていたのですが、セッションの当日はグッスリと16時間(!)寝ることができました。

これから変化があっても、またなくても(笑)、どちらも楽しみです。
ありがとうございました。
M様 40代女性

ファシリテーター:プロフィール
飛田 貴生(とびた たかお)

20代後半に関節リウマチと診断され、このままなら車椅子の生活になると医者から告げられる。

病気が進行し、30代で肢体不自由の障害者に。

その後、米国人作家でセミナー・リーダーのアラン・コーエンと出会い、ワークショップでリウマチの痛みが消えるという奇跡的な体験をする。

しかしリウマチの痛みが再発…。

その直後に、ジョン・F・ディマティーニ博士と出会い、博士から直接、ディマティーニ・メソッド(R)を受けるという幸運に恵まれる。

セッション後、再びリウマチの痛みが消える。

2人の先生にしてもらったことを“他の誰かにしてあげられるようになりたい”と強く思い、セミナーリーダー・ヒーラーになることを決意する。

その後、日本初のディマティーニ・メソッド(R)ファシリテーターとなる。

現在日本で活動している数少ないファシリテーターの一人。

お申込みはこちら