コンプレックスは向き合うことで贈り物にかえられる

コンプレックスは向き合うことで贈り物にかえられる

こんにちは、飛田貴生です。

 

 

 

私は子供の頃から、かなり重傷の皮膚病をわずらっていました。

 

服を着ているとわからないのですが、まだら模様の斑点が、全身にあります。

 

ずっとコンプレクスだったので、普段は、見えないように隠していました。

 

夏でも長袖を着るようにしていました。

 

温泉旅行に誘われても行きませんし、海水浴やプールなんてもってのほかです。

 

そして、長い間ずっと、 こんな醜い自分のことを受け入れてくれる女性なんているわけがないと思っていました。

 

しかし、あるとき、1人の女性と出会いました。

 

彼女は、過去に、重度のアトピー性皮膚炎を経験していました。

 

一時は、全身が真っ赤になるほど、症状が悪化したといいます。

 

けれど、現在は、病気を克服し、アトピーだったことがわからないぐらいに回復しています。

 

私は、どうやって病気を治したのか、彼女の話を詳しく聞きたいと思いました。

 

そして、おもいきって食事に誘うことにしたのです。

 

彼女は、私の好みのタイプだったというのもあります 笑

 

そして、何度か会って話をしているうちに、彼女のことを好きになりました。

 

そして、おもいきって告白したのです。

 

この人だったら、醜い皮膚病の私でも、受け入れてくれるのではないかと思えたからです。

 

彼女は、こころよくOKしてくれました。

 

そして、それからちょうど一年後に結婚したのでした・・・

 

今思うと、長年のコンプレックスだった醜い皮膚病は、 本当は、”贈り物”だったのです。

 

もし、皮膚病でなかったら、彼女の話を聞くために、食事に誘うことは絶対になかったでしょう。

 

コンプレックスや、弱み、苦痛に感じていることの中には、必ず、”喜びの種”が埋まっています。

 

もし、あなたが現在、そして過去に、どんなつらい体験や、痛みを感じていたとしても大丈夫です。

 

その痛みは、向き合うことで、あなたにとってかけがえのない贈り物へとかわります。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

飛田 貴生