「不倫は悪くない」昼顔もびっくりな話

「不倫は悪くない」昼顔もびっくりな話

スクリーンショット 2014-08-26 17.09.45

©Ulrich Latzenhofer

 

心理カウンセラーの心屋仁之助さんの、 Facebookが大炎上したそうです。

「不倫は悪くない」という記事を書いたら、 批判や反対意見が殺到したそうなのです。

なんと、その記事に、 40万ものアクセスがあったといいます。

心屋さんのブログ記事はこちら

心屋さんと、批判する人たちのやりとりを見ていて、 気がついたことがあります。

それは、

人は、一般常識や社会通念を盲目的に信じている。

そして、その”常識”を基準に、 正しい・間違っている、良い・悪いを判断している。

そして、その”善悪の判断”によって感情的に反応して生きている。

ということです。

今回の例で言うと、

心屋さんは、「不倫は悪くない」 という、一般常識には、反する記事を書きました。

そして、常識を信じている人たちが記事を読んで、 「不倫は悪くない」なんて、けしからん奴だ! と、良い・悪いの判断をした。

さらに、その判断によって、イヤな気持ちになったり、 批判的なコメントを書き込むといった ”感情的な反応”をした・・・

つまり、私たちは、ふだん無意識のうちに、 ”常識”(社会通念)という見えない鎖にしばられていて、 その常識をもとに良い・悪いの判断をし、 感情的に反応して生きているのです・・・。

私の先生のディマティーニさんは、 良い悪いの判断によって、感情的に反応する生き方のことを、 ”動物的な生き方”と呼んでいます。

ずいぶん、ひどい言いようですね 笑

さらに・・・ 良い・悪いの判断によって反応してしまうこの動物的な生き方には、弊害があります。

それは、

良い・悪いの判断をする

他者と自分を非難する

被害者と加害者をつくる

”罪と罰”が生まれる

その結果、苦しみが生まれる

というスパイラルにハマることです。

例えば、私が不倫したとしましょう。

すると、奥さんは、怒り狂い、私を非難するでしょう。

彼女の得意技の”三沢のエルボー”が繰り出されるのは必至です。

それだけにとどまらず、彼女は、私をえらい目にあわせようとするでしょう。

さらに、奥さんは私を非難するだけでなく、自分を哀れみ、悲しみにくれてしまうでしょう。

そして私は、彼女への罪悪感から、自分自身を非難することになるのです。

これで、加害者と被害者、罪と罰のできがあり。

良い・悪いの判断によって起こる、感情的な反応の典型的なシナリオです。

怖いですねー 恐ろしいですねー (by 淀川長治)

けれど、これとはまったく違った生き方を、 ”自らの意思で選択する”ことも可能なのです。

私は「不倫は悪くない」という心屋さんの意見に賛成です。

なぜかというと、以前、私も、恋人に浮気をされたことがあるから。

その彼女とは、7年付き合っていたのですが、 あるとき、突然、別れを切り出されました。

彼女の話を詳しく聞いてびっくり。

なんと、「私の知らない間に、別の男性と婚約した」というのです。

これ実話ですよ!

浮気というより、相手に本気になってますが・・・汗;

「昼顔」もびっくりです 笑

そして、彼女は、私のもとから去っていきました。

その後、私は、しばらく泣いて暮らしていました。

当然、彼女のことを恨みました。 冷たくて薄情な女だと。

きっと、彼女も私に罪悪感を感じていたと思います。

このときは、私が被害者で彼女が加害者です。

けれど、ディマティーニ・メソッド(R)に取り組んだことで、 浮気は悪いことではなく、彼女の”愛の表現”だったことがわかったのです。

詳しい、いきさつは、ブログに書いているのでよかったら、見てみてください。

こちら

この浮気をきっかけに、私は自分自身と深く向き合うことができました。

そして、今の奥さんと出会うことができたのです。

あの浮気がなかったら、今の私は、存在していません。

だから、浮気をしてくれた彼女にとても感謝しています。

ところで私は、浮気や不倫を推奨するために、 このメールを書いているわけではありません 笑

私たちは、一般常識や社会通念という”常識”を鵜呑みにして、 無意識に良い・悪いの判断をしては、 感情的に反応するということを繰り返しています。

そして、他者と自分を非難して被害者と加害者をつくり、 罪と罰を生み出している・・・

そして、それが”苦しみタネ”になっているのです。

しかし・・・

良い・悪いの判断を手放して、より高い視点からものごとを見てみると、 すべての出来事には、「良い」と「悪い」が同じだけあり、ニュートラルであることがわかります。

ディマティーニさんは、「良い」(プラス)と「悪い」(マイナス)が完全にバランスしている、 ”ありのままの状態”こそが、”無条件の愛”であると言っています。

そして、無条件の愛には、罪も罰もありません。

そして・・・ 無条件の愛の状態(State Of Unconditional Love)こそが、 私たちの本質である”魂”(SOUL)なのです。

*SOULは、State Of Unconditional Loveの略語

来月、9月15日(月・祝)に横浜で、 グループ向けディマティーニ・メソッドセミナーを開催します。

このセミナーでは、 私たちを縛りつけている一般常識や社会通念から自由になる方法をご紹介します。

そして、実際に、ディマティーニ・メソッド(R)によって 良い・悪いの判断を手放していきます。

このセミナーの目的は、”無条件の愛の状態”を、自分の体験として知ってもらうこと。

このブレイクスルーの体験によって、ものの見方・考え方(認識)が大きく変わり、 人生がガラリと変わったという人は大勢います。

善悪の判断を手放して、 他者と自分を非難しない、 罪と罰のない 無条件の愛の世界を知りたい方は、

下記のURLをポチッとな!とクリックして、 セミナーの詳細を見てください。

セミナー詳細

*4名限定の少人数制です

遠方の方や、プライベートなテーマに取り組みたい方は、 個人レッスンをおすすめします。

個人レッスン

いつもお読みいただきありがとうございます。

飛田 貴生