ジェダイ評議会 秋山佳胤×吉野太×飛田貴生 講演会

 

たちの地球がある太陽系は、銀河の中心を、起点にして、26,000年を、かけて1周しているといわれています。

銀河の中心から、遠ざかって行く、前半の13,000年は、「分離の時代」と呼ばれ、「本来、1つであった自分」を、「私とあなた」に分離することで、比較や競争、争いを繰り返す体験を創造します。

一方、銀河の中心に戻って行く、後半の13,000年は「統合の時代」と呼ばれ、分離の幻想を手放して、「すべては一つ」であったことを思い出す、体験を創造します。

2012年12月21日(冬至)。

私たちの地球がある住む太陽系は、13,000年の「分離の時代」を終え、「統合の時代」へと突入しました。

私たちは、「分離の時代」と「統合の時代」の両方を体験できる、またとない機会に、この地上に肉体を持って生きているのです。

そして、私たちには、今、「アセンション」するチャンスが与えられています。

アセンションとは、統合意識である「ほんとうの自分」(神)と、分離意識である「私」(自我)が、合一された状態になること。

シンプルにいうと、「この地上で、”自我”を持ったまま”神”として生きる存在になること」ことです。

その変化が、実はもうはじまっていて、第一次の移行期は、2020年〜2022年であると、いわれています。

この時期には、「自分の内側にある争い」が、現象として、「外側の世界」に、目に見えるカタチで、現れてきます。

この時期に起きる、「仕事」「お金」「人間関係」「家族関係」「夫婦・パートナーとの関係」のトラブル・争いは、これまで、ずっと、抑え込んできた「内側の争い」(過去の痛み・トラウマ、他者への怒りや恨み、罪悪感、自己否定など、未解決の感情的な課題)を、「投影」として、表面化するために、起きているのです。

つまり、「自分の内側の宇宙」が、「自分の外側の宇宙」をつくっているということ。

一見、こうしたトラブル・争いの表面化は、悪いことのように感じますが、「内側の争い」に気付き、それを終わらせることが、新時代の地球で、自分らしく、自由に生きるために、とても大切なプロセスなのです。

アセンションとは、「内なる争い」から、自らを解放して、新しい人間意識である、「ほんとうの自分」に目覚めるための、儀式。

「ジェダイ評議会」と題して、開催する10月22日(日)の講演会は、今、新時代を感じている人たちが集い、誰が、主役というわけではなく行われる、統合のための、ディスカッションになると予想されます。

この意図に、共鳴する方の、ご参加を、心から、お待ちしています。

<このイベントで扱う可能性の内容>

映画「スター・ウォーズ」は、実話だった

スピリチュアルな視点から見た「スター・ウォーズ」

どうしたら「マスター」になれるのか?

これからの地球は、どうなるのか?

音響楽器「シンギングリン」と「タオライアー」の演奏

内側の宇宙が、外側の宇宙を創っている

「あなた」は「私」の投影した映像

「内側の争い」が、「外側の争い」を生み出している

新しい人間意識とは何か?

高次元の意識は、「根に持たない」

ネガティブな感情は感じても、争いをつくらない自我

「3次元チャンネル」から、「5次元チャンネル」へ

地球・新時代の生き方

<出演者 Profile>

秋山佳胤(あきやま・よしたね)

8年間、生きるための、水・食事を必要としない、「不食」を実践。

宇宙に偏在する、愛と生命のエネルギー、「フォース」(プラーナ)を吸収することで、

体と健康を維持するための栄養素を、100%まかなう、”現代のジェダイ・マスター”。

愛と知恵に溢れる言葉を語り、自らの存在が放つ、愛のバイブレーション(波動)によって、

周りの人たちを包み込むように癒すことから、「愛の人」と、尊敬と親しみを込めて、呼ばれている。

弁護士、医学博士、JPHMA認定ホメオパス、珈琲豆焙煎士、シンギング・リン、ライアー奏者など、様々な顔を持つ。

著書に、「誰とも争わない生き方」(PHP研究所)、「食べない人たち-「不食」が人を健康にする」

「食べない人たちビヨンド-不食実践家3人のその後」(共著・マキノ出版)、「不食という生き方 (幻冬舎 )がある。

1992年、東京工業大学理学部卒業。1996年、司法研究所入所(50期)。1998年、弁護士登録(東京弁護士会)。2008年、ロータス法律特許事務所を設立。2012年、医学博士(代替医療)取得


 

吉野太玉(よしの・ふとし)*布刀玉命(ふとたまのみこと)

理学者 保江邦夫に2012年から師事する。

2016/12/21を機に「わたし」この感覚の不思議を明確に把握する。

自我を構成する「しらすとうしはく」が新しい統合周期を迎えいれたので2017/1/15から「神人」になる。

2017年、神人類になり「人がなぜ、概念の共有を当たり前のように行い、痛みや安心を生み出しているのか?」ハッキリと理解した。

葛藤を続ける人に、神人として何を伝達すればいいのか?明瞭に受託した。

人間*吉野太から、神人*吉野太玉に変容するきっかけが、幼少期に人を笑わせたときのトキメキだと、2016年12月に「漫画コンサルタント*今谷鉄柱さん」と出会い思い出した。

現在は、笑いと真理を共有できるトークライブセラピーや個人セッションを展開している。

セッション実績はまあまあ。

神人セラピー*五五五の御霊禊ぎを2017年夜明けの晩から本格始動する。

では、よろしくお願い致します!

神謝します*神謝致しまする

冠光寺眞法東京道場 師範 紫

トークライブセラピスト

観察者life実演者

冠光寺流輪の風接骨院 院長

セッションルーム倭の風 主宰

座右の銘

素直が一番(^^)V


 

飛田貴生(とびた・たかお)

28歳のときに、「関節リウマチ」と診断され、このままなら車椅子の生活になると医師から告げられる。

病気が進行し、30代で肢体不自由1級の身体障害者に。

その後、アメリカ人のベストセラー作家で、スピリチュアルの教師でもある、アラン・コーエンと出会い、セミナーでリウマチの痛みが消えるという、体験をする。

しかしその後、リウマチの痛みが再発。

ベストセラー『ザ・シークレット』にも登場するジョン・F・ディマティーニ博士と出会い、博士から直接、ディマティーニ・メソッドを受ける。

メソッドにより、再びリウマチの痛みが消える。

2人の先生にしてもらったことを、「他の誰かにしてあげられるようになりたい」と強く思い、ヒーラー、カウンセラーになることを決意。

以後、ディマティーニ・メソッドを使ったセミナーや個人セッションを行っている。

ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター。

アラン・コーエン認定ライフコーチ。

 

<ジェダイ評議会 秋山佳胤 吉野太 飛田貴生 講演会 詳細>

【日時】

2017年10月22日(日)14時30分〜17時30分(予定)

【会場】

東京・目黒区「緑が丘文化会館」第3研修室

アクセス:東急東横線・大井町線「自由が丘」駅から徒歩約7分

地図は、コチラ

【参加費】

4,000円

《お申し込み方法について》

今すぐ、下記をクリックして、お申し込みフォームに、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

 

《お申込み後のキャンセルについて》

参加のキャンセルを希望される場合は、イベント開催日の10日前までに、メールにて、ご連絡をお願いいたします。

ご連絡のないキャンセル(当日キャンセル含む)は、参加費の全額を、申し受けます。あらかじめご了承ください。

特定商取引に基づく表記はこちら

《主催》

吉野太 × 飛田貴生事務所

《後援》

銀河宇宙連合