吉野太*飛田貴生トークライブ

敬している、セラピストの大先輩、吉野太(よしの・ふとし)さんを、ゲストにお招きして、5月17日(水)の夜に、東京・渋谷で、トークイベントを開催します。

吉野さんは、スバリ、「神人」(しんじん)になることを、伝えている方。

「神人」とは、神意識である「本当の自分」と、人間意識である「自我」(個としての私)が、合一された状態のこと。

シンプルに言うと、この地球上で、「自我」を持ったまま「神」として生きる存在が、「神人」なのです。

「ほんとうの自分」である「神」が、「自我」を発明することで、「すべては一つであった自分の存在」を、「私とあなた」に分離し、

神のままでは、決して経験できなかった、競争や、争い、苦悩、痛みを味わう、機会を創造した。

そして、その経験を満喫し、「自我」(個としての私=記憶)を持ったまま、「すべては一つ」である「ほんとうの自分」へと戻り、「神である人」になることを求めた。

これが神の「大いなる計画」であった。

このことは、多くの師やマスターたちが、伝えていることです。

私たちの住む地球は、13,000年続いた「分離の時代」を終え、「統合の時代」へと突入したと言われています。

今、まさに、「分離意識」を手放して、「統合意識」へとシフトし、「神人合一」を果たす、チャンスが与えられているのです。

吉野さんは、この「神人合一」をサポートする、とっても、パワフルなサポーターです。

彼のトークセラピーは、知識や情報を頭で理解するものではありません。

「自分とは何者であるのか?」ということを、「肌感覚」でつかみ、日常で実践できるようになるためのものなんです。

実際、私も、これまでに何度も、吉野さんのトークセラピーに参加しているのですが、毎回、自分自身を俯かんして観る(観察者としての自分になる)ことができ、

「気づいていなかった自分のパターン」や、「今の自分に必要な気づき」をいただいています。

頭でわかったというのではなく、感覚的にわかったという、感じです。

また、当日は、よそではめったに体験できない、「御霊禊ぎ」(みたまみそぎ)という、神事(しんじ)も行ってくれるそうです。

吉野さんは、古神道にも精通されているのですが、この神事であげる祝詞(のりと)には、「神人合一」を、サポートする力があるんです。

悟り・目覚めは、波動の伝ぱんによって起きるとよく言われますが、「御霊禊ぎ神事」には、「神人合一のバイブレーション」があり、そのバイブレーションを受け取ることで、気づきや、目覚めが起きやすくなるのです。

私もこの神事を受けたことがあるのですが、「神意識と人間意識が合一するって、こういうことなのか!」というのが、感覚的にわかり、感謝の涙が止まらなくなった経験をしています。

と・・・

いろいろ、書きましたが、今回のトークライブでお伝えしたいことは、頭で理解できることではなく、感覚的に体感することなので、

文章では、お伝えするのが、無理がある気がします・・・。

ですから、ぜひ、吉野さんに会いに、会場まで、足を運んでください!

(本当は、これが言いたかったんです)

吉野さんは、「自分とは何者であるか?」ということを、さまざまな感覚を通じて、伝えるのが、とっても上手な方です。

合気道の達人でもあり、体格はがっしりしていて、男性的な風貌ですが、内面は、とても、女性的な穏やかなバイブレーションなんです。

実際、彼のイベントの参加者は、9割が女性です。

女性の方が、「感覚」を理解するのが、上手なので、その理由もうなずけます。

また、トークライブの第2部、飛田のパートでは、

「神人合一」をサポートする、「特別なディマティーニ・メソッドのやり方」をご紹介し、皆さんで一緒にワークします。

このワークは、ディマティーニ・メソッドのトレーニングプログラムの中だけで、紹介さたもので、大きな意識変容を起こす、とてもパワフルなやり方です。

ご縁のある方と、ご一緒に学べるのを、楽しみにしています。

<このトークイベントで扱う可能性の内容>

第1部 吉野太さん トークライブ

銀河宇宙57億年の物語

「夜明けの晩」と「岩戸開き」

自分とは何か?

観察者としての自分

「うしはく」と「しらす」のお話

神の望みは「分離」

あなたの中心に「戦争」も「平和」もある

「真理」が「自我」を持っている

御霊禊ぎ神事


第2部 飛田貴生 ディマティーニ・メソッドのワーク

人生最悪のことが起こったら、それは人生最高のチャンス!

ワールドクラスのメンター、ジョン・ディマティーニ博士の教え

「バランスの法則」

量子物理学と次元上昇(クオンタム・ジャンプ)

魂の錬金術師になるワーク(ディマティーニ・メソッド)

Q&A

<講師紹介>

吉野太玉(よしの・ふとし)*布刀玉命(ふとたまのみこと)

冠光寺眞法東京道場 師範 紫

トークライブセラピスト

観察者life実演者

冠光寺流輪の風接骨院 院長

セッションルーム倭の風 主宰

物理学者 保江邦夫に2012年から師事する。

2016/12/21を機に「わたし」この感覚の不思議を明確に把握する。

自我を構成する「しらすとうしはく」が新しい統合周期を迎えいれたので2017/1/15から「神人」になる。

2017年、神人類になり「人がなぜ、概念の共有を当たり前のように行い、痛みや安心を生み出しているのか?」ハッキリと理解した。

葛藤を続ける人に、神人として何を伝達すればいいのか?明瞭に受託した。

人間*吉野太から、神人*吉野太玉に変容するきっかけが、幼少期に人を笑わせたときのトキメキだと、2016年12月に「漫画コンサルタント*今谷鉄柱さん」と出会い思い出した。

現在は、笑いと真理を共有できるトークライブセラピーや個人セッションを展開している。

セッション実績はまあまあ。

神人セラピー*五五五の御霊禊ぎを2017年夜明けの晩から本格始動する。

では、よろしくお願い致します!

神謝します*神謝致しまする

座右の銘

素直が一番(^^)V

〜吉野太さんからのメッセージ〜

自分とは何か?を様々な感覚を通して探りましょう。

自分とは何か?を感覚として捉える訓練は、人生を新たなステージへと進めてくれると思います。

よろしければ一緒に自分という感覚を掴み笑いましょう。


飛田貴生(とびたたかお)

28歳のときに、「関節リウマチ」と診断され、このままなら車椅子の生活になると医師から告げられる。

病気が進行し、30代で肢体不自由1級の身体障害者に。

その後、アメリカ人のベストセラー作家で、スピリチュアルの教師でもある、アラン・コーエンと出会い、

セミナーでリウマチの痛みが消えるという、体験をする。

しかしその後、リウマチの痛みが再発。

ベストセラー『ザ・シークレット』にも登場するジョン・F・ディマティーニ博士と出会い、博士から直接、ディマティーニ・メソッドを受ける。

メソッドにより、再びリウマチの痛みが消える。

2人の先生にしてもらったことを、「他の誰かにしてあげられるようになりたい」と強く思い、ヒーラー、カウンセラーになることを決意。

以後、ディマティーニ・メソッドを使ったセミナーや個人セッションを行っている。

ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター。

アラン・コーエン認定ライフコーチ。

<吉野太&飛田貴生 トークライブの詳細>

【日時】

2017年5月17日(水)18時30分〜21時(予定)

【会場】

渋谷シェアビズBlossom

東京都渋谷区渋谷2-22-7 新生ビル 603号室
(渋谷ヒカリエから徒歩1分)

地図は、コチラ

【参加費】

5,500円(1ドリンク付き)

《お申し込み方法について》

今すぐ、下記をクリックして、お申し込みフォームに、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

《キャンセル規定について》

ご入金後のキャンセルに伴う、返金はできかねますので、あらかじめご了承下さい。

(参加権を他の方に、譲渡することは可能です)

特定商取引に基づく表記はこちら