ハイヤーセルフとつながる スピリチュアル・コーチング

以前、世界的なスピリチュアル・マスターの、

アラン・コーエンさんのセミナーに参加していたときのことです。

その中に、質疑応答のコーナーがありました。

その中でアランさんは、コーチングの手法を使って、

「パートナーシップ」

「人間関係」

「お金」

「仕事」

「健康」

「家族関係」など、

参加者からのあらゆる質問に、完璧な答えを導き出し、

すべての質問者を、癒しへと導いていました。

それは、あまりにも見事で、私には、”神業”のように見えました。

そのとき、私の頭の中に、ある疑問が浮かびました。

「なぜ、アラン・コーエンは、コーチングでどんな質問にも、完璧な答えを導けるのだろう?

自分と同じ人間なのだから、知らないことや、わからないことだってあるはずなのに・・・

すべての質問に、完璧な答えを出せる人なんているわけなのに・・・

どうしてこの人、答えがぜんぶ、わかっちゃうの???

と・・・。

セミナーが終わり、参加者の人たちとお茶をすることになり、

私は、この疑問について彼らに、聞いてみることにしました。

すると、一人の女性が、こんなことを言い出したのです。

「アランはね、”上”とつながっているのよ。

それで、インスピレーションで答えているの。

だから、どんな質問がきても、ベストな回答をすることができるのよ。」

と・・・。

スピリチュアル初心者の私には、

この女性が言っていることの意味が、まったく理解できませんでした。

上とつながっているって何???

インスピレーションって何???

と、ちんぷんかんだったのです。

でも、その後、スピリチュアルな学びを続けているうちに、

目には見えないけれど、”大いなる存在”と呼ばれる存在があって、

アランは、その存在とコンタクトをして、答えを受け取っていることがわかってきたのです。

”大いなる存在”という言葉を使いましたが、

この存在の呼び方は、人によって異なります。

「ほんとうの自分」

「ハイヤーセルフ」

「神」

「スピリット」

「ガイド/守護天使」

「インスピレーション」

「内なる声」

などと、呼ばれることが多いみたいです。

ちなみに、私は、「直感」という言葉を好んで使っています。

誤解を恐れずに言うなら、

私たちの内側には、神様がいて(というか、私たち自身が神様なんですが・・・)

その神様とつながることが可能なんです。

つまり、アラン・コーエンさんは、

内なる”神様”から答えを受け取って、受講生の質問に回答していたのです。

どうりで”神業”なわけですね 笑

このことがわかった時、

私も、「直感とつながる技術」を、身に付けたいとすごく強く思いました。

それで、アラン・コーエンのプログラムに片っ端から参加して、

彼の技術を学ぶことにしたんです。

最終的に、総額で、高級車が一台買えるぐらい、アランに貢ぎました (苦笑

彼から学ぶうちに、「直感とつながる技術」

(チャネリングや、リーディングと言う呼び方をする人もいますね)

は、ぜんぜん、特別なものではなくて、

正しいやり方を学んで、練習すれば、誰でも使えるようになるものだとわかりました。

本当は、直感(ほんとうの自分)とつながる力は、すべての人に備わっているのですが、

みんなそのことを”忘れているだけ”なんです。

だから、自分が直感とつながれることを思い出すと、誰でも使えるようになってしまうのです。

実際、私も、アランから学んだことで、直観力を使いこなせるようになりました。

今では、直観力を使って、個人セッションやセミナーをしたり、

メルマガ記事を書いたりしています。

「スピリチュアルど素人」だった私でさえ、使えるようになったのですがから、

本当に誰でも使えるようになるのです。

以前、テレビで脚本家の倉本聰さんが、とっても興味深いことを話していました。

「北の国から」は、僕が書いたものじゃないんです。

あの本は、”神様”に書かされたんです。

と・・・。

また、シンガーソングライターの槇原敬之さんも、以前にテレビでこれと同じようなことを話していました。

ジャニーズのSMAPから、楽曲の制作を依頼され、まったく曲ができずに、テンパっていたことがあるそうです。

締め切りの前日になっても、曲ができず、朝方まで苦しんでいたと言います。

それで、曲を作りながら、力尽きて眠ってしまったそうなんですが、

ふと目を覚ますと、目の前にものすごく綺麗な景色が広がっていたそうです。

それで、その景色を夢中で、楽譜に書写すように、書いていったと言います。

その楽曲というのが、「世界に一つだけの花」。

「槇原さんは、この曲は、神様に与えてもらったもの。もう二度とこんな曲は書けない」

と言っていました。

あなたも、この”直感”とつながる技術を、

使えるようになりたいと思いませんか?

方法論を学び、練習すれな、誰でも使いこなせるようになります。

その具体的な方法について下記のブログ記事にまもめましたので、

よかったら、こちらも読んでみてください。

直感力を鍛える方法<実践編>