「喪失の深い悲しみ」を最短3時間で解消するディマティーニ・メソッド®個人カウンセリング

し想像してみてください。

もし、亡くなったのが、あなたの愛する人ではなく、あなた自身だったとして、

今、向こうの世界、つまり天国から、生きているあなたの愛する人たちのことを見ているとしましょう。

つまり、今と、立場がまったく逆ということです。

あなたの愛する人は、あなたの死を深く悲しみ、とても落ち込んでいるのが見えます。

もし、そのとき、自分の死を嘆き悲しんでいる、あなたの愛する人に声をかけられるとしたら、あなたはなんと言うでしょうか?

「もうそんなに悲しまないで! 早く立ち直って! 自分の人生を精一杯に生きて!」

と、言わないでしょうか?

つまり、愛する人が、自分の死を嘆き悲しむことを、あなたは望まないのではないでしょうか?

亡くなったあなたの大切な人は、今まさに、あなたにそう伝えたいと思っているのではないでしょうか?

けれど、肉体を脱いで意識の存在となったあなたの愛する人は、直接、あなたに語りかけることができません。

だから、今こうして、あなたがこのページを読みように導いているのかもしれません。

《ディマティーニメソッド®とは?》

こんにちは、心理カウンセラーの飛田貴生です。

私は、「死別」「離婚」「失恋」「ペットロス」などによる、

深い喪失の悲しみを、最短3時間で解消する方法を、カウンセリング(対面または電話)で提供しています。

カウンセリングでは、ドクター・ジョン・ディマティーニという、アメリカ人の心理学者が開発した

ディマティーニ・メソッド®という方法を使います。

この方法は、現在、世界60カ国以上で使われ、アメリカなどでは、医師や精神科医なども使っています。

私は、ディマティーニ・メソッド®が日本に導入された2008年から、専業のカウンセラーとして、個人カウンセリングと、セミナーでこの方法を教えてきます。

《具体的に、カウンセリングでどんなことをするのか?》

ディマティーニ・メソッド®のカウンセリングでは、カウンセラーである私の質問に対して、ご相談者さん(あなた)が答えるということを、何時間も、根気よく繰り返してきます。

ディマティーニ・メソッド®の質問に答えることをずっと続けていくと、大切な人を亡くしたことについての、”見方・捉え方”(認識)が、どんどん変わっていきます。

そして、見方・捉え方が変わることで、喪失の深い悲しみが、短時間で大幅に解消されるのです。

今、あなたが感じている、とても深い悲しみが、消えて無くなってしまうなんて、ちょっと想像できないかもしれません。

でも、ディマティーニ・メソッド®を使えば、それが可能なのです。

《ディマティーニ・メソッド®の驚くべき効果》

開発者のドクター・ジョン・ディマティーニ

開発者のジョン・ディマティーニさんは、定期的に来日して、ディマティーニ・メソッド®のセミナーを開いています。

そのセミナーに参加した人は、皆さん、ディマティーニ・メソッド®の驚くべき効果を目撃します。

大切な人を失って深い悲しみに暮れている受講生の1人に壇上に上がってもらい、

ディマティーニさんがマンツーマンで、ディマティーニ・メソッド®のカウンセリングを行うのです。

すると・・・

悲しみの涙を浮かべていた受講生の顔が、カウンセリングが進むうちに、みるみる明るく、穏やかな表情に変わっていきます。

そして、2〜3時間ほどで、喪失による深い悲しみが、完全に解消されてしまうのです。

カウンセリングのあと、ディマティーニさんが、「あなたの大切な人が、亡くなったのですよ。ほら、悲しんでみてください。」

と言うと、受講生は、「いいえ、もう、悲しめません、悲しくありません!」

と、笑顔で力強く答えるのです。

私は、そんな驚くべき場面を、これまでに何度も見てきました。

ディマティーニさんは強い確信を持って、こう言います。

「自分の子供やパートナーいった、大切な人を亡くしたことによる、

喪失の深い悲しみを、たった数時間で完全に解消してしまう方法がディマティーニ・メソッド®の他に、世界中を探して、見つかるだろうか?

もし、他にそういうものがあるなら、私に教えてほしい。

けれど、今までそんなものは見たことも、聞いたこともない。

私はこれまで、3600以上の事例で、このワークの効果を直接、確かめてきた。

この手法は、他に代わるものがない、卓説したものだ。」と。

《慶應大学も注目する、ディマティーニ・メソッド®》

実は、慶應義塾大学で、2019年の4月から、ディマティーニ・メソッド®の効果を科学的に検証するための、臨床実験がはじまっています。

強い喪失の悲しみを持っている、十数名の被験者に対して、有資格者のカウンセラーが、ディマティーニ・メソッド®を行い、その効果を科学的に検証しています。

実験の結果はレポートにまとめられ、今後、日本国内の公的および、民間の教育、医療、ビジネスといった様々な分野の団体・組織で

ディマティーニ・メソッド®の導入が検討されることになります。

《カウンセリングは、こんな方におすすめです》

ディマティーニメソッド®は、下記のような人たちに、喪失の悲しみから、立ち直る力(レジリエンス)を与えます。

最近、大切な人を亡くし、深い喪失の悲しみに暮れている方

何年も前に大切な人を亡くし、今でもその悲しみを乗り越えられないでいる方

失恋や離婚によって、パートナーや子供と別れなくてはならず、深い喪失感を感じている方

大切なペットを失った悲しみを感じている方

事故や病気によって体の一部や機能を失い、絶望や深い悲しみを感じている方

《カウンセラー紹介》

飛田貴生(とびた・たかお)

20代の頃、関節リウマチと診断され、30代で肢体不自由の障がい者に。

その後、ドクター・ジョン・ディマティーニと出会い、

ディマティーニさんから、直接、ディマティーニ・メソッドを受けたことで、長年のリウマチの痛みが解消。

この体験がきっかけで、日本初のディマティーニ・メソッド®のカウンセラーとなる。

【経歴】

心理カウンセラーのキャリア:11年
セミナー開催実績:100回以上
カウンセリング実績:2000時間以上

【資格】
サーティファイド・ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
アラン・コーエン認定ライフコーチ

《カウンセリングまでの流れ》

1.事前相談(初回のみ)

Eメールで、取り組んでいただきたい課題をお送りしますので、事前相談までに記入して、ご返送ください。

事前相談では、まずあなたの今の状況やご希望・ご要望を伺った上で、カウンセリングでどんなことをするのか、どんなことが可能なのかを、ご説明します。

また、カウンセリングをお受けいただく上で、同意いただきたい事柄についても、ご説明します。

事前相談は、電話または、Zoom・Skype・LINE通話で行います。

(電話の場合の通話料は、ご相談者様に負担いただいています)

2.カウンセリング本番

ディマティーニ・メソッド®を使って、喪失の悲しみを解消していきます。

カウンセリングの時間は、1回4時間程度ですが、個人差がありますので、もう少し時間がかかる場合もあります。

カウンセリングは、直接、お会いしてお話しする「対面」と、「普通の電話または、Zoom・Skypeなどの無料通話」のどちらでもお好きな方をお選びいただけます。

Zoom・Skypeの場合、ハンズフリーのヘッドセットがあると便利です。(Amazonや家電量販店で¥1,000程度で購入可能)

お電話の場合は、飛田の携帯電話までおかけいただきます。

電話の場合の通話料は、ご相談者様にご負担いただきます。

対面の場合は、東急東横線「大倉山駅」(神奈川県・横浜市)最寄りのカウンセリングルームまでお越しいただきます。

対面も、Skypeも料金は同じです。また、効果に違いはありません。

《料金とお支払い方法にについて》

1回4時間:6万円

お支払い方法は、銀行振込か、PayPal(カード払い)の2つからお選びいただけます。

PayPal(カード払い)の場合は、一括または、分割払いが可能です。

なお、 PayPal(カード払い)の場合は、別途4%の決済手数料がかかります。あらかじめご了承ください。

《カウンセリングというサービスについて》

*お申し込みの前に必ず読みください*

サービスには、2つの種類があります。

一つは、「等価交換のサービス」です。

例えば、デパートに行って、欲しいコートが5万円だったら、5万円を支払えば、自動的に”5万円と等価の価値があるもの”が手に入ります。

これが、「等価交換のサービス」です。

もう一つは、「共同創造型のサービス」です。

共同創造とは、「協力して一緒につくる」という意味です。

例えば、病気の人がお医者さんに行って、総額で5万円の治療費を支払ったとします。

その場合は、ただお金を支払っただけでは、「病気が治るという価値」は、手に入りません。

お医者さんのアドバイスに素直に従って、お酒を控えたり、食事を根本的に見直したり、運動をしたり、毎日、きちんと薬を飲んだりしないと、「病気が治るという価値」は手に入りません。

つまり、支払った金額に見合う価値を受け取るためには、サービスを受ける側(お客さん)の方も、

主体的に、努力する必要があるのです。

このケースのように、サービスを提供する側と、サービスを受ける側が協力しないと成り立たないのが「共同創造型のサービス」です。

私が提供しているカウンセリングも「共同創造型のサービス」です。

カンタンにいうと、カンセラーの私が一人でどれだけ必死で頑張っても、ご相談者さんが、主体的に、協力してくださらないと、喪失の悲しみは、解消されませんし、何も起きないのです。

ですから、ご相談者さんの方も、主体的になっていただいて、つまり、人任せにせずに、カウンセラーがする質問に、一生懸命考えて、答えていただく必要があります。

つまり、ご相談さんには、「質問に答えるという責任」を果たしていただきます。

カウンセリングでは、ご自分の心の内側と深く向き合っていただくことになりますが、

そういうことがはじめての方は、最初のうちは難しく感じるかもしれません。

けれど、できるまで、あきらめずに、根気よく取り組んでくださったら、

時間さえかければ、ディマティーニメソッド®は、誰でもできるようになっています。

私のカウンセリングを受講されるすべての方に、上記のお話をして、同意をいただいた上で、カウンセリングを提供しています。

下記の受講同意書も合わせてお読みいただき、すべての項目に、ご同意いただき、ご納得された上で、カウンセリングへのお申し込みをお願いいたします。

受講同意書

個人カウンセリングをご希望の方は、 下記のお申し込みボタンをクリックし、 お名前や、事前相談の希望日(第3希望まで)など必要事項を入力し、送信ボタンを押してお申し込みください。