セミナーについて

はい、ぜひ、また次回もご参加ください。

繰り返しセミナーや個人セッションを受講される方は、一定数、いらっしゃいます。

ちなみに、セミナーに7回連続で参加された方や、個人セッションを18回、受講されている方もいます。

開発者のDr.ディマティーニは、最低12回、ディマティーニ・メソッドに取り組むことを推奨しています。

メソッドに、継続的に取り組んでいる人ほど、人生に大きな変化を体験しています。

なお、セミナーは、2回目以降はリピーター価格でご参加いただけます。

Tag: seminar

Dr.ディマティーニが講師をするブレイクスルー・エクスペリエンス(BTE)は2日間のセミナーです。

1日目の午前中は、Dr.ディマティーニが、ディマティーニ・メソッドの方法論や原理、宇宙法則についてレクチャーします。

そして、ランチ休憩を挟んで、午後1時からディマティーニ・メソッドのワークをします。

公認資格を持つファシリテーターがDr.ディマティーニのアシスタントとして、ワークをサポートします。

BTEでは、ディマティーニ・メソッドを適切にやり終えるまで、あきらめることを許されません。

このため、1日目の終了時間は、午前0〜1時になることが多いです。

その日のうちにメソッドを完了できなかった参加者は、翌日、他の人たちよりも、1〜2時間、早く会場に来るように言われます。

メソッドが終わっていない人は、2日目のセミナールームに入れない決まりです。

このため、通路の隅の方で、ファシリテーターとマンツーマンで、メソッドが終わるまで、ほぼ軟禁状態で、ワークすることになります。

メソッドを適切に完了できた参加者は、2日目のDr.ディマティーニのレクチャーに参加することができます。

Dr.ディマティーニによる、ディマティーニ・メソッドのデモンストレーションや、あなたの人生の目標やアクションプランを明確にするワークなどもあります。

また、BTEには100ページにも及ぶマニュアルも付いてきます。

ちなみに、BTEへの参加はファシリテーターの資格を取得する、ディマティーニ・メソッド・トレーニングプログラムに参加するための必須条件です。

一方のグループ向けディマティーニ・メソッド(DMFG)は、Dr.ディマティーニからライセンスを受けた、有資格の日本人ファシリテーターが開催している1日セミナーです。

ディマティーニ・メソッドのワークを最後までやり遂げることがいちばんの目的です。

イメージとしては、BTE1日目のディマティーニ・メソッドの部分だけを抜き出したようなセミナーです。

BTEも、DMFGも、ディマティーニ・メソッドのワークをサポートするのは、日本人ファシリテーターです。

(Dr.ディマティーニが参加者に、直接、ワークのサポートをすることはありません)

BTEのメリットは、目の前で、Dr.ディマティーニから、レクチャーを受けられること。

DMFGのメリットは、少人数制のため、ファシリテーターのサポートが手厚いことです。

Tag: seminar

セミナーにご参加いただくのが難しい場合は、zoomやSkype、電話での個人セッションをおすすめします。

セミナーと個人セッションの違いについてかんたんに紹介します。

セミナーはディマティーニ・メソッドのやり方を解説し、基本的に、自分一人でワークしていただく、形式です。

一方の個人セッションは、ファシリテーター(飛田)がマンツーマンで、ディマティーニ・メソッドの質問をあなたに問いかけますので、それに答えてもらう形式です。

個人セッションも、セミナーも、ワークをやり遂げた時の、効果に、ほとんど、違いはありません。

個人セッションについての詳細はコチラです。

Tag: seminar