夫婦喧嘩してしまう、本当の理由<前編>

夫婦喧嘩してしまう、本当の理由<前編> 

 

 

2011年の東日本大震災、直後のことです。

 

私は家に引きこもって、身動きできなくなっていました。

 

一日中、パソコンにへばりついて原発事故の情報を集めていたのです。

 

当時、ネット上にはウソか本当か分からない情報があふれていました。

 

それを見て、私はすっかり怖くなってしまったのです。

 

恐怖にしばられて、仕事も何もかも手につかない状態でした。

 

それで、奥さん(当時はまだ結婚していませんでしたが)に今すぐ大阪に逃げようと言いました。

 

これがきっかけで、大喧嘩になりました。

 

そして、激怒した彼女は最後に、私にこう言ったのです。

 

「今、日本中で大勢の人たちがこの状況を何とかしようと頑張ってるのにあなたは何をしてるの?

 

今あなたにできることを精一杯やったと思えるまでは、もう私に連絡してこないで!」

 

と・・・ ばっさり切り捨てられてしまって、かなり落ち込みました・・・

 

でも、このままイジイジしていたら彼女までいなくなってしまうと思い、 どうしたらいいのか必死に考えはじめたのです。

 

そのとき私が自分に繰り返しした質問は、

 

「今、自分に出来ることは何か?」

 

というものでした。

 

そして思いついたのがメールマガジンで情報発信することでした。

 

当時の私のメルマガの読者は、60人ほど。

 

そのほとんどが友人、知人でした。

 

今この状況を乗り切るために、役立つ情報を発信していこうと思ったのです。

 

そして、毎日のように師匠のアラン・コーエンさんや、ディマティーニさんから学んだことを発信するようになりました。

 

さらに、「ピンチをチャンスに変える」というテーマで、2回チャリティーセミナーを開きました。

 

今思うと、このとき、私はセミナー講師として、前に出て行くことを、決断できたのだと思います。

 

それまでは毎月セミナーを開いてはいたものの、自分はこの道でやっていく、という”覚悟”が決まっていなかったのです。

 

でも、震災と、奥さんとの大喧嘩がきっかけで、 今、自分ができることを精一杯やろうと決断できたのです。

 

それ以降、ホームページとメルマガ、そしてセミナーへの集客に力を入れるようになりました。

 

そして、震災から一年後。 たった60人だったメルマガ読者は、1200人を超えていました。

 

そして、セミナーへコンスタントにお客さんが来てくださるようになりました。

 

関東だけでなく、福岡、大阪、京都でもセミナーを開くことができるようになっていました。

 

1年前とは本当に大きく変りました。

 

これは、奥さんとのあの大喧嘩がきっかけだったのです。

 

彼女が私に、覚悟を決めさせてくれたのです。

 

今では私を厳しく切り捨ててくれた奥さんにとても感謝しています。

 

夫婦喧嘩してしまう、本当の理由<後編> 

 

に続きます。

 

お読みいただきありがとうございます。

飛田 貴生