個人セッションも、セミナーも、ディマティーニ・メソッドをやり遂げたときの効果に、ほとんど違いはありません。

個人セッションとセミナーのどちらにもメリットとデメリットがあります。

このため、あなたのニーズに合っている方をお選びいただくのがいいでしょう。

・セミナーのメリット

セミナーでは、ディマティーニ・メソッドのやり方を、ステップバイステップで、詳しく解説します。

メソッドのやり方を覚えると、セミナー後に、自宅で自分一人でワークすることも可能です。(もちろん、できるようになるまで、繰り返し練習していただく必要があります)

このため、ディマティーニ・メソッドを自分でできるようになりたい方には、セミナーの方がオススメです。

また、セミナーは、個人セッションよりも、時間が長いので、その分、たっぷりと、ワークする時間を取れます。

・セミナーのデメリット

メソッドのやり方を解説したあと、基本的に、自分一人でワークをしていただきます。

このため、ファシリテーターが、マンツーマンでサポートをする個人セッションと比べて、ワークの難易度が高くなります。

また、セミナーには、あなた以外に他の参加者もいます。

プライベートな内容が、お隣の人にも聞こえてしまう可能性があります。(参加者には、守秘義務の徹底をお願いしています)

・個人セッションのメリット

ファシリテーター(飛田)がマンツーマンでサポートするため、セミナーと比べて、ワークの難易度が低くなります。

マンツーマンなので、プライバシーもしっかり守られます。

このため、個人セッションは、個人的に相談したいテーマを扱い方にオススメです。

・個人セッションのデメリット

個人セッションでは、ディマティーニ・メソッドのやり方を解説しません。

このため、セッションの後で、自分ひとりでワークできるようにはなりません。

また、セミナーと比べて、時間が短いため、場合にはよっては、複数回の個人セッションが必要になるケースもあります。

このため、個人セッションの方が、経済的な面での負担が大きくなります。

Tag: session