夢が叶う場所 ”地球人間ゲーム”へようこそ

夢が叶う場所 ”地球人間ゲーム”へようこそ

©Jaime Olmo(CC BY-SA 3.0)

こんにちは、飛田貴生です。

私は今、ゲームに夢中です。

ゾンビと戦うiPhone用のゲーム「デッドトリガー2」で毎日、遊んでいます。

このゲームの世界では、感染するとゾンビになってしまうウイルスが蔓延していて、 世界中の人たちがゾンビ化しています。

人類はもう、ほぼ絶滅寸前で、 生き残った一部の人たちがレジスタンスとして、ゾンビに対抗しています。

本当に何の救いもない、絶望的な世界です。

私はそんな世界で今、レジスタンスの一員として、ゾンビと戦っています。

私はこれまでに、4万1115匹のゾンビを殺しました。

しかし、いつもゾンビに勝てるわけではなく、302回も殺されています・・・。

食い殺されたり、棒で殴り殺されたり、本当に酷い殺され方です。

でも、私は何度殺されようとも、蘇ってゾンビと戦っています。

この世界は、本当に救いようのない絶望的な状況ですが、

私は、これがつくりもののゲームであることを知っている

ので、 恐ろしいゾンビも、惨殺されることも、楽しんでいます。

ゲームの目的は、楽しむことだからです。

一方、”もう一人の私”も、今ゲームを楽しんでいます。

もう一人の私が遊んでいるのは、

「地球人間ゲーム」

と呼ばれるゲームです。

地球というゲームステージを舞台に、 人間と呼ばれる肉体を身にまとってプレーをします。

肉体には、「男」と「女」の2種類があります。

身長は150~200センチ程度です。

平均プレー時間は、60~80年程度です。

地球人間ゲームは、ルール(制限)の厳しいゲームです。

脳細胞は本来の能力の3%程度しか使えませんし、 目に見える領域と耳で聞くことができる領域は、本来の0.1%もありません。

そして、このゲームの最大の特徴は、

一度ゲームをはじめるとこれがゲームであったことを忘れてしまう

ことです。

この機能のおかげで、地球人間ゲームでは、 プレーヤーは、完全にゲームのキャラクターになりきって遊ぶことができます。

完全なるバーチャル・リアリティの世界です。

ゲームの中でアバター(自分の分身)が体験することを、そのまま自分の体験として、 それがまるで現実であるかのように、リアルに体験することができる

のが、このゲームの醍醐味です。

さらに、地球人間ゲームの中には、さまざまなアトラクションがあります。

とりわけ人気なのが、 マネーゲームと、パートナーシップゲームです。

マネーゲームは、 お金の獲得と喪失を通じて、喜んだり悲しんだり、不安になったりするゲーム。

このゲームは、男性アバターのプレイヤーに大人気です。

パートナーシップゲームは、 運命の人を求めて婚活したり、結婚してハワイに行ったり、昼下がりのファミレスで旦那の悪口で盛り上がったりするゲーム。

東海テレビの昼ドラのように、ドロドロのゲームを好む人もいますね(笑)

このゲームは、女性アバターのプレイヤーに大人気です。

もう一人の私は今、まさにこの地球人間ゲームで夢中になって遊んでいます。

ちなみに、”もう一人の私”のことを、「本当の自分」「ハイヤーセールフ」「真我」と呼ぶ人もいます。

もう一人の私は、今、飛田貴生というアバターで遊んでいます。

でも、飛田貴生の方は、自分がゲームのキャラクターだったなんて、まったく、夢にも思っていませんでした。

しかし、もう一人の私が、周到に準備して仕込んでいた「覚醒ゲーム」によって、 飛田貴生は、この世界がゲームであることを少しずつ思い出しはじめました。

ちなみに、覚醒ゲームとは、 夢の中で、これが夢であったことに気が付くゲーム です。

飛田貴生は、ウォシャウスキー姉弟の「マトリックス」「クラウド・アトラス」、ジェームズ・キャメロンの「アバター」が大好きなのですが、 まさか、これらの映画が、比喩として、真実を描いていたなんて、本当にびっくりです。

そして、今こうしてこの記事を読んでいる、あなたも、 今、まさに、地球人間ゲームの覚醒ゲームをプレイ中なのです。

あなたは、このゲームの上級者で、智慧のある方なので、 そのことに、うすうす気が付いていましたよね?!(笑)

そして、私と同じように、これまで、たくさんの

人間ドラマというアトラクション

で遊んできたのではないでしょうか。

でも、今までは、私も、あなたもこれがゲームであることを忘れていたので、 とてもとてもゲームを楽しむなんて、そんな余裕はなかったのではないでしょうか?!

ゾンビが本物だと思い込んでいたら、そんなの楽しめるわけないですよね(苦笑

でも、これは、本当はゲームだったのですね。

ゾンビは全部つくりものだったのです。

そのことに気が付いたとき、 悪夢にうなされた後で、目覚めたときのような、 安堵感を覚えました。

「あー、良かった。これは夢だったんだ~」

という感じです。

しかし、飛田貴生というキャラは、今も、これがゲームであることを思い出しているときと、 忘れているときを行ったり来たりしているので、 これが現実なのか、夢なのか、わからなくなります。

でも、そろそろ、はっきりと目を覚ますときが来たようなのです。

これはゲームです。

例えるなら、ディズニーランドで遊んでいるようなものです。

夢や冒険を体験するファンタジー(幻想)系のアトラクションもあれば、

恐怖を体験する、ナイトメア(悪夢)系のアトラクションもあります。

そして、その両方があるから楽しいです。

同じように、地球人間ゲームにも、夢や冒険を体験するアトラクションと、 恐怖を体験するアトラクションの両方があります。

もしかしたら、今あなたは、恐怖のアトラクションに乗っている真っ最中かもしれません。

もし、そうだとしても、起きてくること、今体験していることを、味わって、ただただ、楽しんでしまいましょう!

例え、ゾンビに生きたまま食い殺されたとしても(笑)

あなたも、地球人間ゲームを、思う存分、楽しみませんか?

楽しむためのポイントは、これがゲームであったことを思い出すことです。

東京ディズニー・シーで、タワー・オブ・テラーに乗るような感じです。

怖いけれど、絶対に安全だから、大丈夫なんです。

そして、そのことがわかると、自分の思い通りに自由自在に、ゲームを創れるようになります。

夢の中で、これが夢だと気付くことができると、 夢を自由自在に自分の思い通りにできるのと同じです。

ちなみに、地球人間ゲームに参加するためのチケットは、プラチナチケット化していて、 最近では、入手がとっても困難になっているそうです。

あなたは、幸運にも、そのチケットを手にしたプレイヤーなのです。

夢が叶う場所、地球人間ゲームへようこそ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

飛田貴生&もう一人の私