バリ島 バリアンの施術を受けてきました

インドネシアのバリ島で「呪術医バリアン」の施術を受けてきました。

バリアンは、呪術(白魔術)や、チャネリング、ハーブ(薬草)などを使って人を癒す、

バリ島に古くから存在する、スピリチュアル・ヒーラー。

病気やケガの治療だけでなく、

「私、何歳で結婚するの?」

とか、

「貸したお金を返してもらうにはどうしたらいいの?」

といった人生相談的なことにも、答えてくれます。

ジュリア・ロバーツ主演の映画『食べて、祈って、恋をして』に、

主人公を導く占い師として登場したことから、

その存在が世界的に知られるようになりました。

旅行前、

「バリ島に行くなら、絶対に、バリアンの施術を受けたい!」

そう思って、インターネットでいろいろ調べました。

でも、情報が少なすぎて、施術を受けられそうなバリアンが、

ぜんぜん、見つかりません・・・。

それで困っていたら、うちの奥さんの知人に「バリ通」の人がいて、

日本語ペラペラな現地のツアーガイドさんを紹介してくれたんです。

それで、その人に、

「バリアンのところに連れていってもらえませんか?」

とLINEメッセージしたら、

「最近よく、バリアンのところに、

お客さまをお連れしているので、ご案内できます」

って、すぐに返事がきたんですよ (笑

しかも、日本語通訳までしてくれるとのこと。

そんなワケで、とっても不思議なご縁で、

バリアンの施術を受けられることになったんです。

ツアーガイドさんが案内してくれたのは、

バリ島のスミニャック地区から、

車で30分ぐらいの静かな村に住むバリアンの家。

バリアンの家の近く。腰に巻いた布は、施術を受けるための正装。奥さんが手に持っているのはお供え物。

ガイドさんによると、

本物のバリアンは、自分の顔や名前を公表してはいけないし、

宣伝・コマーシャルもしてはいけない決まりだということ。

なので、ネットに顔出ししていたり、

雑誌などのメディアに取り上げられているバリアンは、

現地の人からすると、もうバリアンとは呼べないのだそうです。

そんな理由もあって、

今回、私に施術してくれたバリアンのお名前は

ちょっとわかりません・・・。

さらに、バリアンには、

「バリアン以外の仕事をしてはいけない」

という決まりもあるそう。

宣伝しちゃいけないのに、

バリアン専業で食べて行くって、

ちょっとハードル高いですよね。

そんなわけで、私に施術してくれたのは、

地元の人も、尊敬し、一目おく、実力者のバリアンでした。

部屋に通されて、お会いした第一印象は、

目つきが鋭くて、少し厳しそうな雰囲気の男性。

先祖代々、バリアンの仕事をしている方で、

年齢は、五十代半ばぐらい。

短髪に引き締まった体で、白いTシャツに短パン姿。

座椅子に座って、普通にタバコを吸っていました (笑

ガイドさんによると、本物のバリアンは、

こちらが何も言わなくても、勝手に話しはじめるとのこと。

実際、バリアンは、私が座ると、

呪文のような言葉を唱えながら、しゃべりはじめました。

バリアン:

「あなたは、全身に強い痛みを持っているね。

泣きたいぐらいに痛むのではないかな?」

私:

「はい、毎日、全身が痛いです。

痛み止めを飲まないと、泣きそうなぐらいです。」

(私には「リウマチ」の持病があります)

バリアン:

「あなたの家の近くのに川があるね?

この川の波動は、あまりよくないね。」

「はい、あります」

(うちのすぐ近くには「鶴見川」があります)

バリアン:

「あなたの家は、行き止まりのところにあるね。

家の波動が良くないね。」

私:

「はい、うちの裏側が行き止まりです。」

(家の裏に、袋地=道に面していない土地=があり、

前から、あまりエネルギーが良くないと思ってました・・・)

バリアン:

「あなたの家は、上と下で分かれていて、下に別の人が住んでいるね。

バリでは、波動が下がるので、こういう建て方はしないよ。」

私:

「はい、うちは、そういう作りです。」

(うちは、メゾネットタイプの物件です。)

バリアン:

「今、話しているのは、私ではないよ。

あなたのご先祖がそう言っている。

ここにあなたのおばあさんが来ているよ。」

私:

「祖母は、私と同じ病気でした。」

(祖母は、私が赤ちゃんのときに、亡くなっています。

今でも守ってくれているとわかって、感謝の涙が溢れてきました。)

バリアン:

「家を浄化するやり方を教えるから、

日本に帰ったら、毎日、やりなさい。

引っ越しする必要は、ないよ。」

こんな感じで、こちらが何も言っていないのに、

私の全身に痛みがあること、

家の構造や周辺の環境のことを、

見事に言い当てたのです。

病気の原因が、「家の波動が悪いこと」だなんて、

まったく考えもしないことでした・・・。

でも、これは、おばあちゃんが教えてくれていることだそうなので、

私、信じることにしたんです。

しかし、我が家の一室は、カウンセリングルームとして使っているのに、

波動が悪いなんて、シャレになりません (苦笑

チャネリングのあとは、体の施術です。

パンツ1枚になって、床に仰向けに寝ます。

バリアンが手にオイルをつけて、全身をマッサージしてきます。

オイルは、ココナッツのいい香り。

きっと、ハーブ(薬草)などもブレンドされているのだと思います。

しかし・・・

このマッサージはもうね、本当に痛いんですよ。

リンパの流れが悪くて、シコリになっているところを、

バリアンが渾身の力で、ゴリゴリ、ゴリゴリやるんです・・・。

それで、私、ずっと、

「うgあyぐaあ〜〜〜」

って、絶叫していました。

よくテレビのバラエティー番組で、

芸能人が足つぼマッサージとかを受けて、

絶叫しているやつあるじゃないですか。

まさに、あんな感じです。

私が叫ぶたびに、

バリアンの奥さんがケタケタ笑うのですが、

もうね、ぜんぜん笑いごとじゃないですよ (怒

地獄のようなオイルマッサージから解放され、

もうおしまいかな?っと思っていたら、

今度は、「電気治療」をやるとのこと。

なんだかとても、イヤな予感がします・・・。

バリアンは電極のようなものを床に起き、

それを裸足で踏んづけます。

どうやら、自分の体に電気を流し、

指から電気を放出して、施術するみたいです。

まさに、人間EMS(電気筋肉刺激)!!

イメージとしては、映画「スター・ウォーズ」の”シスの暗黒卿”が、

指から、電気をビリビリって出す、あんな感じです (笑

それで、私の体に、電気を流していくんですが、

この電圧が、ものすごく高いんです。

もうね、電気刺激というより、感電ですよ・・・。

顔にも電気を流すんですが、

そうすると目のところが白くスパークするんです。

これ、日本だったら絶対許可されないですよ。

それで私、さっきの二倍の音量で、

叫びまくっていました。

人生で、こんなに叫んだのは、初めてかも。

ドクロベエ様にお仕置きされる、

ドロンジョ、トンズラー、ボヤッキー

の気持ちがよくわかりました (泣

ちなみに、ガイドさんによると、

何回も、このバリアンに人を連れてきているけれど、

電気治療は、はじめて見たということ (笑

どうも、この治療は、かなりレアみたいです。

それだけ私の病気は重症なのかも・・・。

実際、うちの奥さんは、ちょっと痛いマッサージをされただけ。

時間も10分ぐらいで終わりました。

私は、たぶん1時間ぐらいやっていたと思いますが・・・。

そんなこんなで、今回は、トラウマ・レベルの施術でした。

とほほ・・・。

帰国後。

バリアンに教えてもらった「場の浄化」の方法で、

家の中と、敷地全体を毎日、浄化しはじめました。

すると・・・。

なんと、体の痛みが消えて無くなったんです!!

もう帰ってきてから一週間が経ちますが、

あれから痛み止めを一度も飲んでいません。

信じられないですが、これ本当の話です。

感覚的に、場の浄化が、いちばん効いている感じがします。

まさか、体の痛みの原因が、

「外的な悪い波動の影響」

だったなんて、本当に、考えもしませんでした。

ものすごーく、痛い思いをしましたが、

今は、バリアンと、メッセージをくれたおばあちゃん、

連れて行ってくれた、ガイドさん、

うちの奥さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

追伸1:

バリアンから教えてもらった「場を浄化する方法」を動画にしたので、

興味のある方は、見てみてください。

追伸2:

ツアーガイドのコマン・ダルマさん

今回、私たち夫婦をバリアンのところに連れて行ってくれたのは、

現地ツアー会社「バリヤスイツアー」のコマン・ダルマさん。

彼は、オープンハートで、とっても素敵な若者でした。

私も奥さんも、会ってすぐに彼のことが大好きになりました。

今回の費用は、カーチャーター代が4,500円、

バリアンへのお礼が1人30万インドネシア・ルピア(約2,200円)で、

夫婦2人で約8,900円。

日本語通訳してくれるだけでなく、

バリアンへのお供え物や、施術を受けるための正装も、

ぜんぶ用意してくれて、この金額は、すごく安い!

ちなみに、カーチャーターのサービスは、

8時間なので、バリアンのあとは、

好きな観光地に連れて行ってもらえます。

なお、病気・症状によっては、

私のような荒療治になる可能性もあるので、

もし機会があって行かれる方は、自己責任で行ってくださいね。

バリヤスイツアー

日本語ドラーバー兼ガイドは、コマン・ダルマさんが、絶対おすすめです!