ディマティーニ・メソッドのコツ

メルマガ読者の方から最近よく、下記のような質問をいただきます。

【Q】

ディマティーニさんの書籍やネットの情報を参考に、

自分でディマティーニ・メソッドをやってみたのですが、うまくできません。

私もブレイクスルーを体験して人生を変えたいです。

何か、ワークのコツはありますか?

 

【A】

ディマティーニ・メソッドで、

ブレイクスルーを体験するすコツ・極意は、とってもシンプルです。

それは、

「強制的にやらなければならない環境をつくること」

なんです。

例えば、ダイエットして、引き締まった体を手に入れたいと思っているとしましょう。

そのために、今日から、自分一人で、毎日、腕立て、腹筋、

スクワット、ランニングをはじめたとします。

はじめのうちはいいけれど、

「仕事で疲れているから」とか、「今日は雨が降っているから」とか、

言い訳をつくって、だんだんと、サボるようになるものですよね。

それで結局、最後はやめてしまう。

身に覚えありませんか?

私はいっぱいあります 笑

やっぱり、人間って、どうしても楽な方に逃げてしまうもの。

自分を律するって、誰にとってもかんたんではないんです。

そのことをみんな、よくわかっているから、スポーツジムに月謝を払って通うんですよね。

「お金もったいないから、ジムに行かなきゃ!」と言って。

こんな風に、「強制的に、やらなければならない環境をつくる」から、

トレーニングを続けることができて、ダイエットの成功率も高くなる。

実は、ディマティーニ・メソッドもこれと、まったく同じなんです。

例えば、ディマティーニさんの「ブレイクスルー・エクスペリエンス」に来ると、

1日目の午後14時〜深夜24時までの10時間、ワークすることを強制されます。

晩御飯の休憩もさせてくれないので、ワークしながら、

サンドイッチやおにぎりをパクつかないといけません。

ワークが遅れていると、ファシリテーターにプレッシャーをかけられたり、

「あなた、なんでできないのよ!!」と怒られたりします。

実際、昔、私自身が、ものすごく怒られました 笑

さらに、1日目の24時までにワークを終えられなかったら、もう大変!

2日目は、他の参加者よりも1時間早く来るように言われるんです。

それで、会場の外の待合スペースに追い出されて、

終わるまで、ワークの続きをやることになります。

1日目にブレイクスルーできた参加者は、

2日目のディマティーニさんの講義を聞くことができます。

けれど、ワークが終わってない人は、会場に入れてもらえないんですよ。

通路のところで、ファシリテーターに監禁状態にされて、

終わるまで問答無用で、ワークをやらされるんです・・・。

ブレイクスルー・エクスペリエンスは、すごいスパルタなんです。

例えるなら、セミナー版「フルメタル・ジャケット」です。

ディマティーニは、セミナー界の「ハートマン軍曹」なんですよ。

ちょっとマニアックなので、知らない方は、こちらのYouTubeを見てください 笑

伝説の名シーン(幻の日本語吹き替え版)

何もそこまでやらなくても・・・。

と思うかもしれません。

でも、ディマティーニ・メソッドのワークでは、

長い間ずっと、「直面するのを避け続けてきたこと」

と、向き合う必要があるんです。

例えばそれは、「両親との関係」だったり、

「パートナーとの関係」や、「その他の人間関係」、

「自分のコンプレックスについて」だったりします。

多くの人が、そういった「見たくないこと」から、

ずっと、目を背けて、逃げ続けているんです。

何年も、何十年も。

実は、その見たくないことに向き合わずにいることが、

今の人生の停滞や、生きづらさをつくっているのですが、

そのことにも気づいてもいないんです。

実際、私も、「親との関係」や、

「自分に自信が持てないこと」に直面することから、

何十年も、逃げ続けていました。

で、その間、ずっと苦しかった。

向き合わないといけないことも、うすうす気づいていたんですが、

ずっと逃げていたんです。

だって、向き合うのが嫌で嫌で仕方なかったし、怖かったんです。

でも、ディマティーニ・メソッドに出会っしまって、

ブレイクスルー・エクスペリエンスで、向き合うことを強制されたんですね。

でも、全然ワークできなくて、その時の講師のデニース先生に、

「なんで、あんただけできないのよ!!」

と猛烈に怒られて、泣きそうになりながら、朝の4時までワークしたんです。

でも、結局、その時はブレイクスルーできなかったんです。

それで、あまりにも悔しくて、家に帰って、

缶詰になってディマティーニ・メソッドをやりまくったんです。

そうしたら、ブレイクスルーが何度も何度も、起きました。

あれほど憎んでいた母、そして、

軽蔑していた父に感謝できるようになったんです。

何度もワークしたことで、自分に自信がないという感覚も、

いつの間にか消えて無くなっていました。

人生の使命が明確になって、それを仕事にして独立できたり、

ソウルメイトの奥さんにも出会えました。

「見たくないこと」に真正面から向き合ったら、

私の人生にブレイクスルーが起きたんです。

これは、もう10年以上前の話なんですが、

もし、あの時、ワークをすることを強制されず、

鬼軍曹のデニース先生のシゴキを受けなかったとしたら・・・

私は、ずっと、両親を恨んだままで、自分に自信が持てないまま。

人生の使命も、好きな仕事も、奥さんも手に入っていません。

今も、10年前とまったく変わらず、

生きづらく、苦しい日々を送っているでしょう。

考えただけで、ゾッとします。

だから、あの時、見たくないことに、真正面から向き合うことを

強制してくれた鬼軍曹に、とても感謝しているんです。