人生の使命を生きると、潜在能力と可能性を最大限に引き出せる

先日、ディマティーニ・メソッドのトレーニングプログラムに参加してきました。

一つ上のレベルのファシリテーターの資格を、取得するためのものです。

講師は、世界的な人間行動学の権威と呼ばれている、ジョン・ディマティーニさん本人。

トレーニングは2日間の内容で、1日目は朝8時〜夜10時まで、

2日目は朝8時〜夜8時までという、「2日間で26時間」の鬼畜スケジュールです。

しかも、休憩時間は、ランチと、ディナーに、それぞれ30分だけ。

トイレ休憩などは、一切ありません・・・。

しかも、室温は、居眠りできないように、冷え冷えの20度。

さらに、トレーニングの最後にテストがあって、「合格しないと、上級資格をもらえない」ため、

ディマティーニさんの話を、一言も、聞き漏らせない状況でした。

なのでみんな、ブルブル震え、膀胱をパンパンにさせながら、

何時間も、ディマティーニさんの話を聞いていたんです・・・。

ディマティーニさんご本人はと、言うと、

そんな私たちのことなど、まったく、気にとめる素振りもなく、

ひたすら、しゃべりまくっていました 笑

私、ずっと彼のことを観察していたんですが、

6時間以上、トイレにも行かずに、ぶっ通しでしゃべっていたんです。

しかも、ずっと立ちっぱなし。

実は、ディマティーニさんは、その前日も、その前の日も、

1日12時間のセミナーをやっているんです。

彼は、来月、64才になるというのに・・・。

さらに、トレーニングの翌日には、すぐに、ルーマニアに飛んで、

1日セミナーを開くということでした。

その後も、カナダ、アメリカ、イギリス、クエートなど、

2週間で6ヶ国を周って、セミナーを開くとのことでした。

そんなことを、彼は、1年中やっているんです。

もう、こんな無茶苦茶な人、ディマティーニさん以外、私は知りません 笑

まさに、「超人」という感じです。

で、そんなディマティーニさんを見ていて、改めて思ったんです。

人は、「心からやりたいこと、大好きなこと」やっているときには、

「本来持っている、潜在能力を最大限に発揮できる」のだと。

ディマティーニさんは、「心からやりたいこと、大好きなこと」のことを、

「最高価値観」(Highest value)とか「テロス」(Telos)と呼んでいます。

その人にとって最も大切で、重要度が高く、優先順位の高いこと、

つまり、「人生の使命、目的」のことです。

人は、人生の使命を生きているとき、

内に秘めてる、本来の力を、最大限に引き出すことができてしまうのです。

ドラゴンボールの孫悟空が、「スーパーサイヤ人」に覚醒するみたいに。

そして、その「秘めたる力」は、特別な人だけに与えられているのではなく、

すべての人の中に、存在している。

誰もが、みんなスーパーサイヤ人になれるのです。

そして、その力にアクセスする鍵は、「人生の使命」を生きることなんです。

ディマティーニさんは、自分自身がその生き方を、体現することで、

人間が本来持っている潜在能力と可能性を、私たちに見せてくれているように思いました。

と・・・

何か今日は、ディマティーニさんを礼賛するような記事になってしまいましたが、

もちろん、彼にも、ダークサイドはあるんです。

もう、とにかく、どうしようもないくらい、「下ネタ」が下品・・・。

今回のトレーニングには、3人の通訳がいたのですが、

その中に、ディマティーニさんお気に入りのとても可愛らしい女性がいるんです。

で、その女性が、通訳するときだけ、狙ったように、

露骨でひわいな言葉を連呼するんですよ・・・。

(具体的になんて言っていたか、とてもとても書けません・・・)

それで、その女性は、仕事なので仕方なく、その言葉を日本語に訳すわけですが、

そうやって、ひわいな言葉を、わざと彼女に言わせるんです。

もう、これどっからどう見ても、セクハラですよ!

彼は、普段、「人間行動学の世界的な権威」なんて呼ばれていますが、

たんなる、「エロじじい」でもあります。

「すべての人間は、二面性を持った存在であり、

誰もが、”善”と”悪”の両方の側面を持っている」

と、ディマティーニさんは教えていますが、

彼は、「超人」であるのと、まったく同じだけ、「たんなる普通のエロじじい」なんですね 笑

飛田貴生