なぜ、タランティーノは巨匠になれたのか?

価値観のワークについて、こんな質問をもらいました。

【 Q 】

飛田さんの価値観の動画セミナー、ゆっくりですが、ワークに取り組んでます。

その結果、私の価値観は、

1位.映画を観る
2位.音楽を聴く
3位.ゲームをする

でした。

私の目標は、

・バレエをマスターする
・歌をうまく歌う
・演技を磨く

なのですが、私の価値観と目標は、

一致しにくいと感じたのですが、何かアドバイスを頂ければ嬉しいです。

【 A 】

世界的な映画監督の、クエンティン・タランティーノさんは、

幼い頃から、映画オタクの母親と一緒に、映画を観まくっていたそうです。

22才のときに、レンタルビデオ店の定員になった”タラちゃん”は、そこでも、映画ざんまいの日々。

店の映画を片っ端から、観まくって、店員の仲間や、お客さんと、

映画の話で、盛り上がっていたそうです。

その後、タラちゃんは、脚本を書くようになり、

『レザボア・ドッグス』で、脚本家・映画監督デビュー。

そして、監督二作目の、『パルプ・フィクション』が、

いきなり、カンヌ国際映画祭の、「パルム・ドール」(最優秀作品賞)を受賞し、

続けて、映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞で、脚本賞を受賞してしまいます!

その後、『キル・ビル Vol.1、Vol.2』も、大ヒットしましたよね。

この間、Amazonプライムで、

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

を観たんですが、ブルース・リーをぶっ飛ばし、

強盗を惨殺する、イカれたブラピが、めちゃカッコ良かったです!

つまり、タラちゃんは、

”映画監督をマスターする”

ために、映画を観まくっていたのです。(たぶん、今も)

タラちゃんの作品には、他の映画作品の”オマージュ”

(尊敬する作家や作品に影響を受け、似た作品を創作するこ)

が、たくさんありますよね。

だから私には、

1位.映画を観る
2位.音楽を聴く
3位.ゲームをする

と、いう価値観が、

・バレエをマスターする
・歌をうまく歌う
・演技を磨く

という、目標と、一致しすぎているようにしか、思えないのですが…。

いったいどこが間違っていて、何を変える必要があるというのでしょう?

さて、私は、この記事の配信予約をしたあと、

Amazonプライムで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を復習してから、

奥さんと、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を、観に行ってきます。

で、帰ったら、Amazonプライムで、

『呪術廻戦の続きと、『進撃の巨人』の二周目を観なきゃ。

あ、『ドラゴンクエスト タクト』もやらないと。

私も、巨匠を目指します! (何の? 笑)

Follow me!