人生の後悔を消すために、やり直すチャンスがもう一度やって来る

私の母には、とても後悔していることがあります。

それは、

娘(私の妹)が小さい頃に、

一緒に時間を過ごしてあげなかったこと

です。

母は、私と妹が小さい頃、布団屋の父の仕事を手伝いながら、

小料理屋を経営していました。

母は、二つの仕事を掛け持ちしながら、子育てをしていたのです。

当時の私は、慢性の中耳炎のせいで、ことあるごとに高熱を出していました。

しかも、病院に行けば、治療を嫌がって大泣きする・・・。

私は、とにかく手のかかる子供だったのです。

一方の妹は、とくに病気などもなく、

おとなしい性格で、私とは対照的に、まったく手のかからない子供でした。

ただでさえ、二つの仕事で忙しいのに、

手がかかる私がいては、母も、妹の面倒を見る時間を取れなかったのでしょう。

手のかからない妹は、結果的に、いつも放って置かれることになったのです・・・。

そして、母親からの関心と、愛情を向けてもらえない妹は、

いつの頃からか、母を恨むようになりました。

「私のことは何もしてくれないのに、

いつもお兄ちゃんばっかり、ずるい。」と・・・。

娘が小さい頃に、一緒に時間を過ごしてあげることができず、

結果的にとは言え、ネグレト(幼児を無視したり、ないがしろにすること)のようになって、

そのことで、娘から恨まれ、いまだに、ギクシャクした関係になっている・・・。

ことし68歳になる母は、そのことを、ずっと、後悔しているのです。

ところが・・・

去年、突如として、”一人の救世主”が現れ、

母の長年の後悔に、救いをもたらしました。

その救世主とは、

妹のもとに、去年の7月に生まれてきた女の赤ちゃん、ナホです。

ナホが生まれた翌日、私は産婦人科に面会に行ったのですが、

妹が生まれたときソックリの顔をしていて、驚きました。

妹は、生まれたとき、”モンチッチのようなお猿さん顔”だったのですが、

ナホも、まったく同じモンチッチだったのです・・・

モンチッチ知らない方はコチラ

早いもので、ナホも、もうすぐ1歳。

先日、実家に帰ったときに、最近のナホの写真を見せてもらったのですが、

ますます、妹の小さい頃ソックリになっていて、また驚きました。

妹の娘なので、似ているのは、当然なんですが、

それにしても、ソックリ過ぎます。

生き写しと言ってもいいぐらい。

現在の母は、小料理屋も引退して、時間に余裕があるので、

毎週、妹のところに出かけているそうです。

そして、”小さい頃の娘に瓜二つの孫”の面倒を見ているのです。

まるで、

”小さい頃の娘との時間”を、取り戻すかのように・・・。

一方、妹は、ナホが生まれてから、母のことを頼るようになりました。

以前は、母からの電話を着信拒否して、関係を避けていたのですが、

さすがに、子供が生まれて、母を頼らないわけには、いかないのでしょう。

最近は、普通の仲良、親子のように見えます。

きっと、妹も、小さい頃に得られなかった、

母からの関心と愛情を今、取り戻してるところなのでしょう・・・。

生きていれば誰にでも、後悔していることの一つや二つあるものです。

「あのときもっと、ああしておけばよっかった・・・」

「あの人との関係をもっと、どうにかできたはずなのに・・・」

「家族との時間をもっと、大切に過ごせばよかった・・・」

「あのとき、思い切って、チャレンジすればよかった・・・」

と。

でも本当は、

誰にでも、必ず、”セカンドチャンス”が用意されています。

この宇宙は、本当は、愛に溢れた素晴らしいところなんです。

だから、安心してください。

あなたが、求めていることをする機会は、もう一度、必ずやってきます。

うちの母や、妹のように。

そのときは、今度こそ、後悔がないように、思う存分、

欲しかったものを手に入れましょう。

追伸:

先日、奥さんと、台湾に旅行に行ってきました。

台北市内の、ディンタイフォンというお店で、食べた小籠包が美味しすぎて、

「なぜあのとき、お替りしてもう一枚、注文しなかったのか」

と、帰ってきてから、すごく後悔しました。

ところがです・・・

ネットで検索したら、ディンタイフォンの支店が日本にありました。

しかも・・・ 横浜の高島屋に入ってました。

うちから、電車で10分じゃないですか・・・。

セカンドチャ〜ンス!!

次は、絶対、お替りします!

世界一、美味しい小籠包を食べたい方はコチラ