ヒーラー、セラピストの仕事でいちばん大切なこと

何年か前のお話です。

私のところに、一通のメールが届きました。

差出人は、以前に私のディマティーニ・メソッドの個人セッション

を受講した女性でした。ゆみ子さん(仮名)でした。

メールの内容は、

「お前の、個人セッションは、

私にはまったく役に立たなかった。

5万円も、ボッタクっておきながら、

なんの効果もなかった。

お前の個人セッションの価値は

せいぜい3千円がいいところだ。

お前は、詐欺師だ。

私からだまし取った、お金を今すぐ全額返せ。」

というものでした。

クライアントから、これほど、痛烈なご批判を

いただいたのは初めてです。

このときは、本当にショックでした。

ゆみ子さんの個人セッションは、

うまくいったと感じていただけに、とても予想外でした。

私はしばらく呆然としていたのですが、

メールボックスに、新たに2通のメールが届いていることに気がつきました。

1通目は、以前に、私のディマティーニ・メソッドの

セミナーや個人セッションを、受講してくれたミサさん(仮名)からでした。

メールの内容は、

「念願の赤ちゃんを授かりました。

今思うと、きっかけは、飛田さんのセミナーでした。

本当に感謝しています」

というものでした。

そして、もう一通は、以前に、私のディマティーニ・メソッドの

継続セッションを受けてくれていた、健二さん(仮名)からでした。

メールの内容は、

「最近、大好きな女性ができて、付き合うことになりました。

仕事も、自分の好きなこと見つけられて、とても充実しています。

これも、飛田さんの個人セッションのおかげです。

とても感謝しています。」

という内容でした。

驚くべきことに、

「私を批判するメール」と、「私を賞賛するメール」が、

同じ日の、ほぼ同時刻に、一度に3通、届いたのです!

私は、この出来事にどんな意味があるのかを、考えはじめました。

そして、自分に向かって、下記のように問いかけたのです・・・。

「私は、3人に、まったく同じサービスを提供した。

それなのに、1人は私を詐欺師だと言い、もう2人は、あなたのおかげと感謝している。

これって、いったどういうことなんだろう?

ゆみ子さんの人生は、あのときから、まったく変わっていないみたいだ。

”彼女の人生が変わらなかったのは、私の責任なのだろうか?”

一方、ミサさんと、健二さんの人生は、セッションのときから、格段に前進しているみたいだ。

”彼らの人生が大きく変わったのは、私の手柄なんだろうか?”」と・・・。

そして、この質問をしたことで、私は、とても大切なことに気がついたのです。

その気づきとは・・・

「ゆみ子さんの人生が変わらないのは、私の責任ではないし、

ミサさんと、健二さんの人生が変わったのは、私の手柄ではない。

ゆみ子さんは、自分の人生を、人任せにしてしまったが、

ミサさんと、健二さんは、人生を変えることを、自分で選択した。

結局のところ、教師の立場の人(ヒーラー、コーチ、カウンセラー)が、

どんなに頑張っても、本人が選択しなければ、何も起きはしない。

人生を変える力は、本人にしかない。

教師の立場の人ができることは、

クライアントに、癒しの機会と場を提供することだけ。」

と、いうものです。

以前、私は、スピリチュアルな教師の、アラン・コーエンのセミナーに参加し、

持病のリウマチの痛みが、1日で解消するという経験をしています。

後日、私はアランに感謝の気持ちを直接、伝えに行きました。

すると、彼は、こう言ったのです。

「私に感謝してくれてありがとう。

でも、私は、あなたの代わりに、癒されるという選択をできませんでした。

自分を癒すことを選択した、ご自分にも、感謝してあげてください。」

と・・・。

このとき、私は、アランの言葉が何を意味しているのか、わかりませんでした。

アランが教える、認定コーチ養成プログラムの中でも、

「癒しの責任は、100%クラインアント側にある」

と教えられていたのですが、今までぜんぜん、理解できていなかったのです。

以前の私は、

「お金をもらってるんだから、成果を出さなければ」と、

クライアントの人生の責任を背負い込んでしまったり、

「自分には、他人の人生を変える、特別な力がある」

と、過信してしまっていました。

そして、成果が出ないと、「自分のせいだ・・・」と

罪悪感を感じて、落ち込み、

成果が出たときは「自分の手柄だ!」と

喜んでいい気分になるということを繰り返していたんです。

そして、一喜一憂を繰り返すことで、

ヒーリングをするたびに、どんどん消耗し、すり減っていっていたのです。

でも”3人のクライアント”のおかげで、私は、

「成果を出して、感謝されることを求めること」

と、

「成果を出せずに、自分で自分を責めること」

の両方から、自由になることができていました。

思い通りにできないことを、
コントロールしようとしていたから苦しかったし、

成果を出すことを求めすぎていたから、

成果が出ないと、強い痛みを感じていたんです。

でも・・・

自分には、結果をコントロールする力なんてないと降参し、

うまくいっても、いかなくても、自分の手柄でも、責任でもないと、

手放してしまったら、すごく楽になったのです。

「ヒーラー、セラピストにできることは、

クライアントが変化し成長する機会と場を提供することだけ。

その機会を活かして、変化し、成長するかどうかは、

クライアント側が100%自由意志で決める力を持っている。」

これが、”3人のクライアント”が私に教えてくれた

「ヒーリングの原則」です。