脳科学から見た 新型コロナ重症化の理由 

新型コロナの重症化は、免疫の過剰反応

私の先生で、人間行動学の世界権威と呼ばれている、

Dr.ジョン・ディマティーニは、脳科学のレクチャーの中で、

「新型コロナウイルス」のパンデミックについて触れ、

「ウイルスそのものが問題なのではなく、

人々のウイルスに対する反応の方が、問題なんだ」

と、自身の、見解を述べています。

新型コロナの重症患者には、

「サイトカインストーム」と呼ばれる、

”免疫の過剰反応”(免疫暴走)が起きています。

私たちの体をウイルスなどから守る、

防衛機能の「免疫系」は、普段は、きちんと、仕事をしています。

外部から、ウイルスなどの、病原菌が、体内に侵入すると、

それを、ひとつ一つ、確実に、撃退する。

けれど、時に、

その防衛機能が、暴走してしまうことがあるのです。

ウイルスを倒すのに、本来は、ライフル銃で十分なはずなのに、

過剰に反応しすぎて、核ミサイルを打ち込んでしまう。

すると、ウイルスだけでなく、

自分の体の、正常な細胞や組織まで、大ダメージを受けてしまう。

つまり、免疫が、過剰反応して、

自分で自分を攻撃してしまうということ。

こんな風に、免疫細胞の「サイトカイン」(タンパク質の一つ)が、

必要以上につくられて、自分の細胞や、組織を攻撃するから、

「炎症」「発熱」「体の痛み」「吐き気」「頭痛」「食欲不振」

といった症状が起きて重症化し、ときには、死に至るのです。

ちなみに、世界中で5億人が感染し、5000万人が死亡した、

「スペイン風邪」(1918~20年)の主な死因も、

サイトカインストームであったと言われています。

つまり、

「ウイルスそのものが問題なのではなく、

ウイルスへの免疫(体)の過剰反応が、問題である」

と、いうこと。

言い換えれば、

ウイルスそのものが人を殺しているのではなく、

ウイルスへの、免疫の過剰反応によって、人が死んでいる

ということなのです。

「心理」と「脳」と「免疫」の関係

では、どうして、

こうした、免疫の過剰反応が、起きてしまうのでしょうか?

それは、

「私たちのマインド(思考)が、必要以上に、恐怖・不安を感じ、

コロナに、過剰反応しているからだ」

と、Dr.ディマティーニは言います。

これは、最新の「精神神経免疫学」(精神免疫学)

の、ことを言っているのだと思います。

人間の「心理」(精神)は、

「脳」(中枢神経)を支配・コントロールし、

脳は、「免疫」を支配・コントロールしていることが、

最新の科学研究によって、わかっています。

かんたんに言うと、

人間の「心理」(精神)が、「脳」(神経)に影響し、

さらにその下の「免疫」に影響している、ということ。

(だから「精神→神経→免疫学」と呼ばれる)

なので、私たちが、

新型コロナに対して、心理的に、過剰に反応し、

不安・恐れを感じれば、感じるほど、

免疫機能が、過剰に反応を起こすということ。

つまり、コロナに対する、必要以上の、

不安・恐れ(心理的な過剰反応)によって、

サイトカインストーム(免疫の過剰反応)が起きているというのです。

昔の人は、これを、

「病は気から」

と言いました。

(昔の人って、やっぱり、スゴイ!)

だから、もう、テレビとか、新聞とかの、

コロナのニュース、見過ぎちゃダメです!

パンデミックは、「恐怖」の大流行

「パンデミック」(感染症の世界的大流行)という言葉は、

ギリシア神話に登場する牧羊神の、

「パン」(Pan)から来ている、と言われています。

パンの「おたけび」は、聞いたものすべてを

恐怖で混乱させることから、

「パニック」(pan-ic)の語源でもあるそう。

だから、今、世界中で、大流行しているウイルスは、

コロナでなく、恐怖なのです。

「脳」を最適化すると「免疫」も最適化される

もし、コロナにかかったら、最初にすることは、

ディマティーニ・メソッドや、瞑想をして、自分の内側を整えることであると、

ディマティーニさんは、言います。

風邪のときに、瞑想すると、症状がなくなることも多いのだとか。

しっかりと水分補給をすることも大切。

そして、自分の行動に優先順位をつけて、

やりたいこと・大好きなことをする(最高価値観を生きる)こともとても大切。

そうすることで、「免疫」を支配している、

「脳(神経)を最適化することができるから。

すると、私たちの体に、本来、備わっている、

防衛機能の「免疫系」が、最適化されて、

コロナウイルスから、体を守ってくれるようになるのです。