トラウマセラピーの本当の意味 アウシュビッツはまだ存在する

「ホロコースト生存者」のトラウマ

私の先生で、人間行動学の世界的権威の、
Dr.ジョン・ディマティーニは、

ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)で
生き残った人たちにディマティーニ・メソッドを
提供したことがあるそうなんです。

その場所は
ホロコーストの歴史的資料なども展示されている
場所で、ヒトラーの写真もあったそう。

ホロコーストを生き残った人たちは
ヒトラーの写真を見ただけで、
いまだに恐怖による「凍りつき反応」
を示していたといいます。

凍りつき反応とは、
ヘビに、にらまれたカエルが、
恐怖で体がすくみ、動けなくなる状態のこと。

トラウマ(PTSD=心的外傷後ストレス障害)
がある人は、その出来事を思い出す、

トリガー(引き金)が引かれると、
フラッシュバック(トラウマの追体験)
が起きて、凍りついたように、
体が硬直してしまうのです。

もう、終戦から、70年以上も時が経っていて、
ヒトラーも死んで存在せず、
彼らを決して傷つけることはないというのに。

でも、いまだにユダヤ人の人たちは、
ヒトラーに対する恐怖に、
人生を支配されていたそうなんです。

つまり、彼らはまだ
「アウシュビッツ強制収容所」
に囚われたままだったのです。

「ヒトラーの恐怖」からの解放

それで、Dr.ディマティーニは、
ユダヤ人の人たちに、ヒトラーを対象にして
ディマティーニ・メソッドをやっていった
そうです。

でもそれは、「ヒトラーやナチスによる、
暴力的な行為を肯定する目的だったわけでない」
と言っていました。

「もう、存在しないヒトラーの幻影
による恐怖から、ユダヤ人の人たちを、
解放する目的でワークをした」というのです。

そして、すべてのワークが完了したとき、
ユダヤ人の人たちは、70年以上も、囚われていた、
恐れから自由になったそうなんです。

幼少期の「親との関係」のトラウマ

私のところには、幼少期に親との関係でできた
トラウマを癒したくて、
ディマティーニ・メソッドを受けにくる人が
少なくありません。

[幼い頃に、お父さんが
自分とお母さんを捨てて出ていって、
その後、一度も会いに来なかった]

[お父さんは、お兄ちゃんだけを
かわいがって私には、ほとんど無関心だった]

[お母さんが、ヒステリー(精神錯乱)
になって私を怒鳴りつけることがよくあって
恐ろしくてしかたなかった]

幼い子供は、親や養育者の
庇護がなくては生きていけません。

だから、幼い頃に、
親からの拒絶や無関心を体験すると、

それを、”命の危機”と、捉えて
トラウマなってしまうことがよくあるんです。

トラウマが人生を支配する

そうした、幼い頃にできたトラウマが
大人になってからも、その人の人生を
知らず知らずのうちにコントロールしています。

[人から怒りを向けられることが怖くて
人の顔色をうかがってばかりいる]

[人から見捨てられることが怖くて
交際相手につい執着や依存をしてしまう]

[ロボットみたいに、感情がなくて、
自分がどうしたいのか、わからない]

というように。

もう、何十年も時が経っていて、
親の庇護がなくても、親から拒絶されても、
一人で、生きていくことができるというのに。

でも、いまだに、彼らは、幼い頃に体験した
”親から愛されなかったという痛み”に、
人生をコントロールされているんです。

つまり、幼い頃にできたパターンに、
大人になった今でも、囚われているという
ことです。

「親から愛されなかった痛み」の解放

だから、ディマティーニ・メソッドを使って
幼少期の親との関係のトラウマを癒していきます。

でもそれは、
親が子供にした行為を、肯定したり、
親に感謝する目的でするのではありません。

============================
トラウマがつくった古いパターンから
自分自身を解放し、自由になることが

親との関係を癒す真の目的です。
============================

すべてのワークが完了したとき、
何十年も、囚われていた、
”親から愛されなかった痛み”と、

その痛みがつくったパターンから、
自由になることができるんです。

「トラウマとは、自分と分離すること。
癒しとは、再び、自分とつながること。」
ーガボール・マテ
(ホロコースト生存者、トラウマの世界的権威)

いつもお読みいただきありがとうございます。

飛田 貴生

Follow me!