「男の人が怖い」男性恐怖症をカウンセリングで解消した事例

「男の人が怖い」男性恐怖症をカウンセリングで解消した事例

今日は、「理想のパートナーに出会う」というテーマで、

私の個人セッションに来てくれた女性の事例を紹介します。

*ご本人の許可を得て記事にしています。

河村愛さん(仮名)のいちばんの希望は、

「結婚したいと思っているのに、恐れの感情があって行動できない。

恐れの原因を見つけて解消し、結婚したい。」

というものでした。

愛さんにはまず最初に、

「恋愛・結婚の心のブレーキを見つける質問票」

に回答してもらい、Skypeによる個別コンサルを受けてもらいました。

そうしたらところ、愛さんは、

「セクシャリティ(性的なこと)についての強い嫌悪感」

を持っていることがわかりました。

愛さんは、幼少期に実のお兄さんから、性的なイタズラを受けた経験があり、

そのことが大人になった今でも、大きなトラウマ(心の痛み)として残っていたのです。

そして、そのために、「男性恐怖症」になり、

それが、「結婚することへの恐れの原因」になっていました。

そこで、個人セッションでは、

セクシャリティについての嫌悪感(男性恐怖症)を解消するために、

ディマティーニ・メソッドを使って、

「お兄さんから、性的なイタズラを受けたことのメリット」

を、どんどん見つけていきました。

「その出来事」があって以来、愛さんは、自分の部屋に閉じこもるようになりました。

人が怖くなってしまったからです。

ほとんどの時間を、大好きなアーティストの曲を聴いて、歌って過ごしました。

お気に入りの曲の歌詞を深く理解したいと思い、

歌詞を文字起こしして覚えるということもしていました。

そうやって、大好きな曲を「聴いて」「歌い」「歌詞を書く」ということに、

一日中、没頭して過ごしたのです。

愛さんは、そういうことを、何年も続けました。

やがて、彼女は、大人になって、バンドをつくり、

人前で歌うようになりました。

自分で作詞・作曲して、CDも発売しました。

部屋で一人で、大好きな曲を「聴いて」「歌い」「歌詞を書く」ことは、

実は、「作詞・作曲・ボーカルのトレーニング」になっていたのです。

愛さんの大好きなことは、「歌を歌うこと」。

実は、そのことに、お兄さんが、とても貢献してくれていたのです。

また、「その出来事」があって以来、愛さんは、男性恐怖症になり、

自分のことを女性として見る男性を、ことごとく「拒絶する」ようになりました。

そうやって、「自分のことを外見で判断する人」を排除したおかげで、

「自分の内面を好きになってくれる人だけ」

に、人間関係が絞り込まれていったのです。

実際、愛さんの友達は、国籍も、年齢も、性別も、職業もバラバラ。

それは、愛さんが、

「外見ではなく、内面を重視して人と付き合っている」

何よりの証拠です。

一見して悪いことに思えた「男性恐怖症」は、

「大切な人と、ハートで深くつながるための才能」

だったのです!

愛さんは、「男性恐怖症」は、本当は贈り物だったことに気づき、

治す必要なんて、まったくないと、わかったのです。

(ディマティーニ・メソッドを行うと、自分の欠点だと思うことは、

同じぐらいの長所でもあることがわかり、変える必要がないことに気づきます)

愛さんは、お兄さんの「あの行為」のおかげで、

「自分の歌をつくって歌うこと」と、「大切な人と、ハートで深くつながること」

ができるようになっていました。

そして、歌を歌っているときと、大切な人と、ハートでつながっているとき、

愛さんは、いちばん「自分らしい自分」でいられると言いいます。

そして、愛さん曰く、そのときに、「内なる神様とつながれる」と言うのです。

これこそ、まさに、愛さんが、心から求めていること。

彼女の最高価値観(テロス=人生の使命)は、

「歌を歌うことと、ハートで人とつながることを通じて、

自分らしさを表現し、内なる神様とつながること」。

ディマティーニ・メソッドをしたことで、愛さんは、

「これこそ、私が、本当に、やりたいことなんだ!」

とハッキリわかったんです。

そして、そのことに、「お兄さんのあの出来事」が、

いちばん貢献してくれていたのです。

そのことに、気づいた瞬間、愛さんの瞳から、大粒の涙が溢れました。

もっとも嫌悪し、長い間、軽蔑してきた、実のお兄さんに、

人生ではじめて、「愛と感謝」の気持ちを感じられるようになったのです。

それは、愛さんがブレイクスルーを体験した瞬間でした。

そして、愛さんは、

「結婚するかどうかは、もう、どっちでもいいこと」

だって、気づきました。

「結婚したい」という願望は、愛さんの本心ではなかったのです。

「結婚して、子供を生むことが、女性の幸せ」

といった考え方が世間にはあります。

こういった「外側の声」(他人の価値観)に耳を傾けてしまうと、

いつの間にか、それが自分の本心であるかのように、錯覚してしまうのです。

けれど、今回、愛さんは、ディマティーニ・メソッドによって、

「内側の声」(自分の価値観)を、ハッキリと聞くことができました。

だから、「偽りの願い」と「本当の願い」を、

明確に見分けることができるようになったのです。

個人セッションの数日後、愛さんからEメールが届きました。

それは、

「私の歌を人前で歌い、CDを販売できることになりました!」

という、報告でした。