私は友達がいません

※この記事は、私が書いているメルマガ「マジックテープ・ファクトリー通信」(http://www.mag2.com/m/0001000509.html )からの抜粋です。
こんにちは。
Magic Tape Factoryの飛田です。
先日、友人の奥さんとお話していたときのことです。
彼女は、
「私、全く友達がいないのよね」
といいました。
そこで私はディマティーニ・メソッドをつかって質問してみました。

「今は友達がいないと感じているんだね。

でも過去に友達がいたことはあるよね?」
すると彼女は
「前の仕事をしているときには何人かいたよ」
と答えました。
続けて私は質問しました。
「その友達とはいつもどんなことをしていたの?

一番楽しかったのはどんなとき?

その友達と何をしているときにもっとも喜びを感じたの?」
「文学の話をしているときかな」
と彼女は答えました。

「では、今、あなたは誰と文学の話をしていますか?」
と私は質問しました。
「えー、今はいないよ」
と彼女は答えたのですが、
私は、
「絶対にそんなはずはないからよく考えてみて!

今は誰と文学の話をしているの?」
と言いました。
すると、
「あっ! クラスの○○ちゃん」
と言いました。
彼女は今、小学校の先生をしています。
「素晴らしい! 他には誰と文学の話をしていますか?」

「○○ちゃんともよく話すよ、うちのクラスの子」

「素晴らしい! 他には誰と文学の話をしていますか?」

「あとは○○ちゃん、やっぱりクラスの子」

「いいですね! 他には誰ですか?」
「○○くんとも話すし、○○ちゃんもそうだし、○○ちゃんもそう…。

私今、児童小説を書こうとしていて、よく子供たちとそのことについて話すのよね。」
「そうです! あなたが求めている友達は、今もちゃんと存在しているんだよ。

友達って聞くと同い年ぐらいの同姓の人を想像してしまうから、

気付いていなかったかもしれないけど、

今はクラスの子供たちがあなたにとっての友達なんだね。

しかも、これから児童小説を書こうとしているあなたにとって、

彼らは最高のアドバイザーだね。」
彼女は少し涙ぐんでいました。
この宇宙では、新たに何かを得たり、今持っているものを失ってしまうことは決してあり得ないのです。

かたちが変わるだけなのです。
エネルギー保存の法則によって、すべてはあなたの周りに完全に保持されています。
もし、何かを失ったと感じたら、今現在それはどんなかたちで自分の人生に存在しているか探してみてください。
探せば必ず見つかります。
失うことなしに得ることはなく、得ることなしに失うことはありません。

―ドクター・デニース・アリアーナ・ナドラー(ディマティーニ・メソッド(R)の世界NO.1トレーナー)