本田圭佑とキャプテン翼の夢の共通点

本田圭佑とキャプテン翼の夢の共通点

 

 

 

漫画『キャプテン翼』の主人公、大空翼には、ある夢があります。

 

それは、

 

世界一のサッカー選手となり、 日本をサッカーワールドカップで優勝させること。

 

この漫画の連載が開始された1981年当時、日本のサッカーは冬の時代にありました。

 

スポーツと言えば、野球だったこの頃、サッカーが11人でプレイするスポーツであるということすら、知らない人が多かったといいます。

 

当時、日本にはプロサッカーリーグが存在せず、日本は、ワールドカップ予選の度に、早々に敗退していました。

 

日本は、これまで一度も、ワールドカップ本大会に出場したことがなかったのです。

 

ですからこの頃、ワールドカップで日本を優勝させるという大空翼の夢は、荒唐無稽の夢物語だったのです・・・

 

それから約10年後となる、1993年。

 

日本初となるプロサッカーリーグ、「Jリーグ」が発足しました。

 

本田圭佑選手や、中田英寿選手、中村俊輔選手など、Jリーガーの中には、キャプテン翼に影響を受けてサッカーをはじめたという選手が数多くいます。

 

そして、Jリーグは、百年構想を打ち出し、長期的な視野に立った、日本サッカーのレベルの向上を目標に掲げたのです。

 

そしてJリーグ発足から5年後となる、1998年。

 

日本は、ワルードカップフランス大会の予選でイランを撃破し、悲願であった、初のワールドカップ本大会出場を果たします。

 

そして、この快挙は、ジョホールバルの歓喜として、日本サッカーの歴史に、刻まれることとなったのです。

 

それは、キャプテン翼、連載開始から、17年後のことでした。

 

そして続く、2002年の日韓共催ワールドカップ本大会では、グループリーグを突破してベスト16入りの快挙を達成。

 

続く、2006年のドイツワールドカップ本大会にも出場。

 

さらに、2010年南アフリカ本大会では、強豪国のカメールン、デンマークを破って、1次リーグを突破し、再び、ベスト16入りを果たしたのです。

 

そして、今年の2014年ワールドカップブラジル大会。

 

日本は、5大会連続で、本大会の出場権を獲得します。

 

大会前、エースの本田圭佑選手は、

 

”ワールドカップ優勝”

 

を目標に掲げました。

 

かつて、大空翼が口にした

 

”ワールドカップ優勝”

 

は、荒唐無稽の夢物語でした。

 

しかし、33年が経ち、その夢は、

 

”もしかしたら、手が届くかもしれない可能性”

 

へと変わっていたのです。

 

そして・・・

 

惜しくも、日本は今大会、グループリーグで敗退しました。

 

新聞の見出しには、

 

「完敗」「力不足」「無念」「世界の壁は厚い」

 

といった言葉が踊っています。

 

 

私たちは、夢や望む現実がすぐに叶うことを、期待してしまいがちです。

 

しかしそれらは、 ゆっくり、着実に、実現していくこと なのです。

 

かつて、プロリーグがなく、1度もワールドカップに出場したことがなかった日本は、5大会連続で本大会に出場するまでになりました。

 

そして、UEFA欧州選手権(ユーロ)の優勝経験もある、強豪ギリシャを相手に、スコアレスドローと大健闘するなど、世界と対等に戦えるレベルにまで成長したのです。

 

そして、それは、夢、ヴィジョンを思い描くところからスタートしました。

 

そして、日本のワールドカップ優勝という夢は、今も続いているのです。

 

私にも、夢があります。

 

それは、 世界的なヒーリングの達人となり、 多くの人たちが、本当の自分が誰であるかということを、思い出すことに貢献すること。

 

そして、いつの日か、ノーベル賞を受賞することです。

 

それは、荒唐無稽な夢物語かもしれません。

 

でも、どんな夢であろうと、それを思い描くことがはじまりなのです。

 

あなたの夢、ヴィジョンはなんですか?

 

もしかしたら、それは、途方もなく大きく、実現不可能と思えるようなことかもしれません。

 

でも・・・

 

そこがはじまりなのです。

 

大空翼は、作中で、夢について、こんな風にしめくくっています。

 

「僕たちの夢は、ワールドカップで優勝することです。

 

それは、叶わない夢かもしれない。

 

だけど、夢を追うことは自由です。

 

そして、夢に向かって頑張ることは無駄じゃないと、僕は信じています。

 

日本のワールドカップ優勝は、一生叶わない、はかない夢かもしれない。

 

だけど、僕たちは、いつまでも、 その夢に向かって走り続けます・・・」

 

(『キャプテン翼ワールドユース編 最終巻』から引用)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

飛田 貴生