なぜ、あなたは「変われない」と感じるのか?本当の理由

読者の方から、ディマティーニメソッドのセミナーについて、

下記のようなご質問をいただきました。

【質問】

今週末のセミナーの情報を見て、参加を検討しています。

そこで質問があります。

私は、これまでにスピリチュアルなことを勉強してきて、

以前よりは、ずいぶん生きやすくなっているのですが、

まだ腑に落ちていないことがたくさんあります。

例えば「自分に必要なものはすでに、ぜんぶもっている」など、

頭で考えると納得するのですが、

ふとした時に「不足」していることが気になりだし、

満足や感謝が足りない状態に戻ってしまいます。

ディマティーニメソッドのメールセミナーもやってみましたが、

その場では感謝をしても、また日常生活に戻ると、

「不足」を感じる状態に戻ってしまいます。

今までの脳のクセというか、エゴというのでしょうか、

または腑に落ちていないのか、

感謝で満たされている心の状態をキープすることが難しいです。

変わりたいのに、変われない、自分をとてももどかしく思います。

何か、アドバイスをいただけないでしょうか?

【回答】

セミナーに興味を持ってくださってありがとうございます。

私自身も、

「これまでにスピリチュアルなことを勉強してきて、

以前よりは、ずいぶん生きやすくなっているのですが、

まだ腑に落ちていないことがたくさんあります。」

「自分に必要なものはすでに、ぜんぶもっているなど、

頭で考えると納得するのですが、

ふとした時に「不足」していることが気になりだし、

満足や感謝が足りない状態に戻ってしまいます。」

そういうときは、頭(マインド、思考)が優位になっていて、

ハートから離れてしまっている状態なので、

それに気がついて、自分の内側と向き合うようにしています。

そういうことを、もう10年以上、繰り返しています。

一見、進歩していないように感じますが、客観的に振り返ってみると、

「以前よりは、ずいぶん生きやすくなっている」のを感じます。

私の先生の一人、デニース・ナドラーさんという人が、

「学びの道は、”旅”(Journey)である」

と教えてくれました。

そして、この旅は、”終わりがなく、永遠に続く”と言うのです。

ご質問を、読んで、ご質問者は、とても向上心が強く、

学ぶことが大好きな方なのだと、感じました。

「日常生活に戻ると、不足を感じる状態に戻って」

しまうことがあっても、

今もこうして、学びを続けています。

そういう人は、最終的に、とても遠くまで、旅することができます。

ですから、今どのような状態にあったとしても、

それも、旅のプロセスなのだと思います。

そして、そういった「行ったり来たり」を繰り返しながら、

着実に成長を続けていくことが、(ときには思いっきり遠回りしたり 笑)

旅の醍醐味であり、楽しさではないかと思うのです。

もしかしたら、ご質問者は、

ディマティーニメソッドのセミナーに、

「何か、惹かれるもの」を感じているのかもしれません。

もしそうなら、その「内なる声」を信頼してみてください。

いざ、行動しようとすると、頭(思考、マインド)の声が、

それをさせないように、邪魔をするかもしれません。

「そんなの行ってどうするの! また前と同じで、一時的によくなるだけで

しばらくしたら、元に戻るだけだわ!

どうせ、また変われないわ!」と・・・(笑

けれど、いつでも、正しいのは、内なる声の方です。

ぜひ、そのフィーリングに、正直になってみていただけたらと思います。

「内なる声が、外側の声をしのぐほどに大きくなったとき、

あなたは、自らの人生のマスターとなる。」

とジョン・ディマティーニさんも言っています。

ご質問者の、Journeyが、益々、学びと成長に満ちた

楽しいものとなりますように。

「人生が劇的に変わる、ブレイクスルー体験」

グループ向けディマティーニ・メソッド セミナー